健康的と謳われている食品は本当に体に良いのか?

世の中にはかなりの数の健康に良いと謳われている、いわゆる健康食品が世に出回っていますが、それらの食品が本当に健康なの?という疑問も生じてきます。あくまでも気休め程度の効果しかないとはよく言われますが、気休め程度でも食べないよりはましという事で、食べたり飲んだりしている人も多いようですが、健康食品を食べて健康になると信じれば、その信念だけでも健康になったりするのかもしれません。信じる者は救われるというやつです。少なくとも、体に害がある事が認められない限りは食べておいて損はないはずです。

例えば私が幼少期に猛烈に流行った紅茶きのこも、アメリカではブームのようです。紅茶キノコはアメリカではkombuchaと言われているらしく、最初は昆布茶の事だと思っていたら、まさかの紅茶キノコの事でした。紅茶キノコも色々言われていたようですが、国内でも未だに根強い人気があるようです。自分が良いと思ったら続ければいいのではないでしょうか。

グラノーラは本当に健康?

Think these foods are “healthy”? Don’t be so sure

While 71 percent of the public rated granola bars a healthy food, only 28 percent of nutritionists agreed. When it came to regular loose granola, 80 percent of the public gave it a healthy vote, but less than half — only 47 percent — of nutritionists deemed it healthy.

「71%の大衆がグラノーラバーを健康食品と評価している一方で、たった28%の栄養士しかそう思っていません。普通の粒状グラノーラに関して言えば、80%の大衆が健康的だと言っているのですが、過半数、たった47%の栄養士がそれを健康的だと見なしています。」

過半数を超える栄養士はグラノーラを健康的だとは思っていないみたいです。グラノーラと言えば日本でも代表的な健康食品ですが、それが健康的ではないとはどういう事なのでしょうか。ちょっと有り得ないような気もするのですが、気になります。

“In order for something to be considered healthy, you’re looking at calories, fat, sugar and nutritional content,”

「何かを健康的と見なすためには、カロリー、脂肪、砂糖、含有栄養素を調べます。」

結局は砂糖がダメらしいです。グラノーラも甘かったら無意味らしく、砂糖の代わりにドライフルーツやナッツを混ぜるのがいいみたいです。なのでグラノーラを買う時は、カロリーと糖分を気にする必要があるようです。特に糖質が大事で、コーンシロップのようにGI値が高い添加物は、全力で避ける必要があるようです。GI値が低い甘味料がいいみたいです。甘味料よりも、ドライフルーツが良いらしいので、乾燥プルーンや乾燥ブルーベリー、乾燥ラズベリーなんかがいいのではないでしょうか。乾燥いちじくもいいですね。

グリセミック負荷の低い食品

Glycemic index and glycemic load for 100+ foods ← これを見ると白米を食べるよりも全粒粉パンや、パスタ(特にフェットチーネ)なんかを食べた方がいいような気がします。白米ばかり食べるのではなく、発芽玄米や全粒粉パン、全粒粉パスタなんかとローテを組んで食べるのがいいのかもしれません。Glycemic load(グリセミック負荷)で見た場合、白米は43もありますが、パスタ類は15~32で、全粒粉パンは7~9となっています。玄米は16なので玄米食の方が理想ですが、発芽玄米ならさらに理想的と言えます。

ココナッツオイルは健康食品?

Coconut oil was another food that pulled diverging votes in the survey. Nearly three-quarters of Americans surveyed (72 percent) considered it healthy, but only 37 percent of nutritionists agreed.

「ココナッツオイルは、調査の中で意見の分かれが目立ったもう1つの食品です。72%のアメリカ人がそれをヘルシーだと考えているのですが、それに賛成している栄養士はたったの37%しかいません。」

ココナッツオイルはどう考えてもスーパーフードです。saturated fats(飽和脂肪)の塊で、高カロリーなので不健康という意見もあるようですが、それを補って有り余る健康効果が知られています。なので、摂取量さえ気をつければスーパーフードと言えるのです。

Coconut oil: a superfood with many health benefits

However, coconut oil should be consumed in moderation because it is high in calories and some medical professionals believe it raises the HDL and LDL cholesterol (Kadey, 2016).

「しかし、ココナッツオイルは、高カロリーで、一部の医療専門家は善玉、悪玉コレステロール値を上昇させると考えているので、控え目に食されるべきです。」

高カロリーで高コレステロールだから量を控えればいいだけで、少量なら体に非常に良いので、スーパーフードである事には変わりはありません。

キヌアは代表的なスーパーフードですが、栄養士の89%がヘルシーと見なしているのにもかかわらず、一般大衆は58%しかキヌアをヘルシーと考えていないのが意外でした。キヌア、アマランサスは基本中の基本のスーパーフードと言われているからです。

結論としては、健康食品でも添加物次第で害にもなるという事と、摂取量も非常に重要な要素になってくるという事みたいです。摂り過ぎは何でも体によくないし、残留農薬や除草剤、化学肥料、ポストハーベストの防カビ剤、防腐剤、防虫剤の問題や、遺伝子組み換えなどの問題もあるので、やはりオーガニックがいいらしいのですが、とにかく高いです。