飛蚊症ことミジンコピンピン現象は網膜剥離の前兆だった

目の中にミジンコのような微生物が浮かんでいるような気がしたら、それはミジンコぴんぴん現象、もしくは、飛蚊症の可能性があります。視界に写り込んだそのミジンコを放ったらかしにしていると大変なことになる可能性があるようです。

スポンサーリンク

飛蚊症は眼科医に相談すべし

What causes floaters in the eye?

Floaters, those small dots or cobweb-shaped patches that move or “float” through the field of vision, can be alarming. Though many are harmless, if you develop a new floater, “you need to be seen pretty quickly” by an eye doctor in order to rule out a retinal tear or detachment,

「視界の中を動いている、あるいは、浮いている、これらの小さな点や、クモの巣状の破片である浮遊物は憂慮すべき場合があります。多くは無害ですが、新しい浮遊物が生じた場合、網膜裂傷か網膜剥離を除外するため眼科医にすぐに診察してもうら必要があります。」

ミジンコピンピン現象には、網膜剥離等の重篤な疾患が関係している可能性があるとのことなので、飛蚊症かな?と思ったらすぐに眼科医を受診した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

飛蚊症の原因

Floaters are caused by clumping of the vitreous humor, the gel-like fluid that fills the inside of the eye. Normally, the vitreous gel is anchored to the back of the eye. But as you age, it tends to thin out and may shrink and pull away from the inside surface of the eye, causing clumps or strands of connective tissue to become lodged in the jelly, much as “strands of thread fray when a button comes off on your coat,” Dr. Taylor said. The strands or clumps cast shadows on the retina, appearing as specks, dots, clouds or spider webs in your field of vision.

「飛蚊症は眼球内部を満たすジェル状の液体である、硝子体液の凝集によって引き起こされます。大抵、硝子体ゲルは眼球後部に固定されています。しかし、年齢と共に、硝子体ゲルは広がりやすくなり、収縮して眼球内面から引き離され、凝集、あるいは、コートからボタンが取れた時の糸ほつれの房のように、ゼラチン質中に引っかかるために結合組織の房の原因になりますとテイラ医師は語りました。房あるいは塊は、網膜上に影を投じ、視界に小片、点、雲、または、蜘蛛の巣状の物として現れます。」

飛蚊症はどうやら眼の中にミジンコなどの微生物や、砂埃や粒子が入り込んだ事が原因で起こるのではなく、眼の衰えや加齢が原因のようです。子どもでも近視や頭の怪我などが原因で飛蚊症になる可能性があるので、必ずしも歳のせいとも言えないような気もします。

スポンサーリンク

網膜剥離の恐怖

But it’s still important to see a doctor if new floaters arise because the detaching vitreous gel can pull on the retina, causing it to tear, which can lead to retinal detachment, a serious condition. The pulling or tugging on the retina may be perceived as lightning-like flashes, “like a strobe light off to the side of your vision,”

「硝子体ゲルの剥離は網膜を引っ張り、重症の網膜剥離の原因になる裂傷を引き起こすので、もし新しい浮遊物が生じた場合は、医者へ行くことがやはり重要です。網膜上の牽引、あるいは、タギングは、視覚の横にずれるストロボライトのような、稲光のような閃光として感じられるかもしれません。」

飛蚊症もほっとくと網膜剥離のような重症化する事があるようなので、酷い時はやはり眼科へ行く必要があるみたいです。飛蚊症もそのまま放っておくとやばい事になりかねないという事のようです。飛蚊症はレーザー治療で治癒できるらしいので、一度眼科に行くことをお薦めします。眼は非常に大切なので労ってあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする