年を取ると時間が経つのが早く感じるのは何故なのか?

人間誰しも歳を重ねる毎に時間が経つのが異常に早く感じるものです。人生のゴールを急ぐあまりのラストスパートなのかもしれませんが、そんな馬鹿な事はあるはずもなく、何故年を取ると時間がやたら短く感じるのかは、確かに疑問ではあります。

とは言っても、子どもの頃は早く大人になりたいと誰しもが願った事で、逆に年を取るにつれて、これ以上年は取りたくないと願うものなので、その差はかなりでかいような気もします。つまり、子供の時は1日でも早く大人になって自由を得たいと心待ちしているので、時間が経つのがやたら遅く感じるのに対し、大人になると年を取りたくないのに年を取っていくので、時間が経つのがやたら早く感じるのかもしれしれないという事です。

例えば、カップ麺が出来上がるのを待つ3分とか、空気椅子をしている3分間はやたら時間が長く感じるのに対し、試験時間の60分は時間が経つのが異常に早く感じるのと一緒で、ゴールが待ち遠しい事柄に対しては時間を長く感じる一方で、1分でも多くの時間が必要な事柄に対しては時間が短く感じるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

加齢と共に去りぬ

Why Does Time Seem to Speed Up with Age?

“Where did the time go?” middle-aged and older adults often remark. Many of us feel that time passes more quickly as we age, a perception that can lead to regrets. According to psychologist and BBC columnist Claudia Hammond, “the sensation that time speeds up as you get older is one of the biggest mysteries of the experience of time.” Fortunately, our attempts to unravel this mystery have yielded some intriguing findings.

「”時間はどこへ行った?”と中年と老年の大人がよく口にします。我々の多くが年を取るにつれて時間が経つのを早く感じる、後悔の原因になる考え方をします。心理学者でBBCのコラムニストでもあるクローディア・ハモンドは、”年を取ると時間が早く経過する感じがするのは、時間の体験の最も大きなミステリーの1つです。”幸運な事に、このミステリーを解く我々の試みは、いくつかの興味的な発見を生み出しました。」

年を取ると時間が早く感じる感覚は本当にミステリーとしか言えません。あっという間に1年間が過ぎて行ってしまいます。時間は本当に何処へ行ってしまったのでしょうか?

年を取ると何でもトロくなる

年を取ると行動も思考も若い頃より遅くなります。若い頃はなにをやるにもダッシュでやれた事が、年を取ると出来なくなります。例えば、近くのコンビニに行く時も、若い頃は行きたいと思ったらダッシュでコンビニまで走ります。年を取ると、車で行こうか、自転車で行こうか、あるいは歩いて行こうかと、まず迷います。その後面倒臭いからやめようと思ったりもしますが、結局車で行くのですが、そうすると車の鍵を探したり、色々もたついている間にどんどん無駄に時間が過ぎて行ってしまいます。

年を取ると体力も衰え、頭の回転も鈍くなるので、行動力も思考力も判断力も衰えます。なので、何をやるにしてもトロくなります。さらに余計なことも考えるのでなおさら時間が短く感じます。脳力が著しく衰えるので覚えも当然悪くなります。若い頃は1時間で覚えられたような簡単な事が、1日かかっても覚えられなくなり、さらにすぐ忘れるので、全くどうしょうもありません。スポーツ選手にしても技術職にしても40歳までが限界と言われる所以です。

年を取りたくない最大の理由が、体力と脳力と容姿の衰えなので、それが時間が異常に早く感じる事の最大の原因にもなっています。何とも皮肉な話です。永遠の20歳なんていう乙女チックな中年おばさんがいますが、彼女達にとっては時間はあまりにも残酷な存在でもあります。

時間を有効的に使う

時間が早く経つことを感じないようにするには、いかに充実した1日を過ごすかにかかっています。余計な事は一切考えず、とにかく何かに打ち込むことが大切です。時間を無駄に過ごすことが、内省的に時間が短く感じる理由でもあるので、とにかく後悔をしない時間の有意義な使い方をすることが非常に重要になってくるのです。

過去を振り返らないことも大切です。人間はやたらと過去を美化したり、過去の栄光に浸ったりしやすいので、昔は充実してたみたいな勘違いを犯し勝ちになります。ほとんどの人間の過去なんて全然大したことないので、過去なんかはどうでもいいです。今と未来が大事なので、とにかく悔いのない生き方をしましょう。つまらない事をあれこれ考えず、将来のためになる勉強、技術の習得、起業などに貴重な時間を費やしましょう。

スポンサーリンク

フォローする