スーパーフード、Pesto(ペストジェノベーゼ)と全粒粉パスタ

Pesto(ペスト)はスーパーフードと呼べる逸品です。全粒粉パスタに絡めて食べれば、最高の健康食になります。カラーピーマン(パブリカ)、ブロッコリー、ズッキニー、トマト、ナス等を付け合わせれば完璧です。もちろんペストは手作りです。バジルの葉さえ入手できれば、比較的簡単に自家製ペストが完成します。

手作りペスト、あるいは、ジェノベーゼは馬鹿旨なので、一度食べたら病み付きです。自家製ソースだと自分の好みで材料を変えられるので好都合です。基本は、バジルの葉っぱ、松の実、高級エクストラバージンオリーブオイル、ガーリック、パルメザンチーズ、ロマーノチーズですが、そこに、アーモンド、カシューナッツ、クルミ、ケール、明日葉、大麦若葉、ほうれん草などを足せば、スーパーフードの出来上がりです。

ペスト(ジェノベーゼソース)

The garden is bursting with basil, so let’s make some pesto together!

One of my favorite things to make with basil is pesto. By itself, basil is low in saturated fat, cholesterol, and sodium. Mixed with the other pesto ingredients, it’s a bit of a different story. And I’m sure pesto has a gazillion calories, but it’s oh, so good!

「バジルを使う私の好物の1つがペストです。単独で、バジルは低飽和脂肪、低コレステロール、低塩です。他のペスト原料と混ぜ合わさると、少し話が違ってきます。私はペストが超高カロリーなのは確信していますが、それは、あ~、あまりにも美味すぎます!」

ペストはまじでやばいです。癖になる味というか、超ハマります。チーズ、ナッツ類、オリーブ油を大量に入れると、確かにカロリーがやばいかもしれませんが、食べ過ぎにさえ注意すれば、特に問題は無いと思います。

ペストの作り方

ペストは作り方は簡単です。バジルの葉っぱ、にんにく、ナッツ類をフードプロセッサーにぶち込んで、ガーッとやるだけです。機械を走らせながら、オリーブオイルを細い規則的な流れで注いでいきます。チーズ、塩少々、粗削り胡椒を加えて、短時間混ぜ合わせます。完成したら、ボールに移してラップして冷蔵庫に入れておきます。作り置きの場合は、冷凍庫に入れておきます。塩は岩塩で自分でガリガリ削る、胡椒も黒胡椒で自分でガリガリ削る、チーズはパルミジャーノレッジャーノを削って入れるのがいいかもしれません。フードプロセッサーの代わりにミキサーを使ってもいいみたいです

全粒粉パスタは健康的

Scientists found a surprising relationship between people who ate more pasta and their health

It’s also incredibly easy to over-eat, and unless you’re eating whole grain pasta, you’re missing out on some vitamins from whole wheat.

「パスタは、また、ついつい食べ過ぎてしまい勝ちで、全粒粉パスタを食べでもしない限り、全粒粉からのいくらかのビタミン類が不足してしまいます。」

If you can though, try to go for the whole grain pasta to get some added nutritional benefit.

「もし可能ならばですけど、いくらかの付加的な栄養上の利益を得るために、全粒粉パスタを試してみて下さい。」

全粒粉パスタは普通のパスタよりも健康的なので、できれば、オーガニック全粒粉パスタを試してみてください。パスタ自体が、白米よりも健康的なので、全粒粉パスタを多く食べるようにした方が、より健康的であると言えます。

日本人の主食は一応白米ですが、昨今の若者は、パンやパスタが主食という人達も増えてきているので、全粒粉パンや全粒粉パスタを取り入れるのもいいかもしれません。白米はやはり美味しいですが、発芽玄米が栄養的には優れています。塩でも砂糖でも小麦でも米でも、白よりもブラウン系が健康にはいいようです。