運動が健全な精神を培い、脳機能を向上する

A sound mind in a sound body(健全な体には健全な精神が宿る)はその通りで、運動して健全な肉体作りに勤しめば、身体の健康が維持されるだけでなく、精神の健康維持に役立ち、脳機能を高めるそうです。人間は運動するようにできているという事なんでしょうね。ググってみると分かりますが、この名言は間違った解釈で使われているとか出て来ますが、仮にそうだとしても、言っていることは正しいので、全く問題ありません。健全な精神は健全な肉体に宿ります。なので、できるだけ運動をするように心掛けましょう!

有酸素運動が統合失調症に有効

Exercise can tackle symptoms of schizophrenia

Aerobic exercise can significantly help people coping with the long-term mental health condition schizophrenia, according to a new study from University of Manchester researchers.

「マンチェスター大学の研究員達の新しい調査によると、エアロビクスエクササイズ(有酸素運動)は、長期にわたり精神疾患の統合失調症を患っている人々に極めて有効だそうです。」

有酸素運動が統合失調症の改善につながるらしいです。人間は運動するようにできているので当然のことなのかもしれません。そもそも人は動かなければ生きていけません。食料を探して食べていく必要があるからです。生きるために身体を動かす、当たり前の事です。現代人はその当たり前の事をしなくなっている人間が相当数いるし、心身共に不健康になるような事ばかりしている人間があまりにも多過ぎます。

認知障害

Schizophrenia’s acute phase is typified by hallucinations and delusions, which are usually treatable with medication.

However, most patients are still troubled with pervasive ‘cognitive deficits’; including poor memory, impaired information processing and loss of concentration.

「統合失調症の急性期は、通常、薬物療法で治療可能な幻覚と妄想に代表されます。しかし、ほとんどの患者が、記憶困難、情報処理障害、集中力低下を含む、広汎性認知障害に今もなお悩まされています。」

認知障害は薬で治療ができないみたいです。今回、認知障害の治療に有酸素運動が効果的であることが分かった事は、ある意味、画期的な事ではないでしょうか。

運動の習慣を付ける

“Using exercise from the earliest stages of the illness could reduce the likelihood of long-term disability, and facilitate full, functional recovery for patients.”

「病気の最初期段階から運動を用いることが、長期にわたる障害の可能性を低くし、患者の完全な機能回復を促進する事ができるかもしれません。」

常に有酸素運動をし続けることが、統合失調症の予防にもなるのではないでしょうか。健全な精神は健全な肉体に宿るで、身体を常に動かすことが、成人病予防になるだけではなく、ある種の精神病予防にもなるような気がします。エコノミー症候群、あるいは、エコノミークラス症候群ではありませんが、極端に身体を動かさないとまじでやばいです。

毎日の適度な運動と十分な睡眠、野菜と果物中心の食生活で、腸内細菌の善玉菌を増やす事を常に心がけ、人に優しい親切な人間になれるように精進し続けましょう。

ニューロン新生、神経発生

How Does Exercise Benefit Cognition?

Exercise increases the creation of mitochondria—the cellular structures that generate and maintain our energy—both in our muscles and in our brain, which may explain the mental edge we often experience after a workout. Studies also show that getting the heart rate up enhances neurogenesis—the ability to grow new brain cells—in adults.

「運動は、我々の筋肉と脳の両方のエネルギーを作り出して維持している細胞組織である、ミトコンドリアの生産量を増やします。この事が、我々が運動後によく経験する精神的優位を説明しているかもしれません。研究が、心拍数を上昇させる事で、成人でも、新しい脳細胞を増大する能力である、ニューロン新生を高める事を明らかにしています。」

大人になると脳細胞は増えないと言われていますが、運動することで増やせるみたいです。有酸素運動をして心拍数を上昇させる事で、脂肪が燃焼され、ミトコンドリアが増え、ニューロン新生を促進し、精神的な優越感を得ることで、認知障害の治療になるのかもしれません。腸内細菌とも何らかの関連がある可能性もあるので、食生活も非常に重要です。

運動が脳機能を向上させる

The message is clear: for generally healthy people, exercising regularly can enhance brain function over a lifetime—not just after a workout.

「そのメッセージは明らかです。概して健康な人々にとって、規則的に運動する事は、単に運動後だけではなく、生涯にわたり脳機能を高めることができます。」

運動することで頭脳明晰になります。何かを暗記した4時間後に運動をすると暗記力が増すという研究結果さえあるほどです。脳機能を高めるためにも運動は欠かせません。健康な精神は健康な肉体に宿る、を座右の銘にして、運動で健康な肉体と精神を作りましょう。