台風10号、ライオンロックは日本に上陸するのか?

ライオンロックが日本列島(特に関東地方)に上陸するのかどうかは、日本国民にとっては重大関心事のはずです。気象庁予想だと関東地方には上陸せずに、日本の東の海上を北上予定ですが、もしかしたら、東北地方のどこかに上陸する可能性もまだあるようです。今回の台風は進路予想が非常に難しいので、今後の動きに注意が必要です。

日本近海で生まれて、日本周辺をウロウロしながら成長を続けている台風10号ですが、このまま日本に遡上する事なしに東偏してしまうのは淋しいような気もしますが、強い勢力を保ったまま本土に上陸されても困るので、この辺は難しいところです。

台風ライオンロック

Typhoon Lionrock threatening Japan

Depending on the intensity track of Typhoon Lionrock, it could pass over Japan with the strength of a lion or or the weakness of a lamb. The intensity track is not clear as yet and some forecasters have it remaining a stronger storm while others have it downgrading significantly in intensity. Lionrock is still a distance away from Japan, currently 307 miles southeast of Kadena AB, Okinawa, Japan, and is moving east northeast at 9 knots per hour. Maximum sustained winds are 105 knots gusting to 130 knots. Further movement will definitely lock in the forecast in the next 24 hours.

「台風ライオンロックの強度・進路次第ですが、ライオン並みの強さ、あるいは、子羊並の弱さで日本を通過する可能性があります。強度・経路については、今のところはっきりせず、一部の予報士は、勢力をこのまま維持し続けると言っている一方で、他の予報士は、強度においては、大幅に格下げしています。ライオンロックは日本からまだかなり離れた場所にあって、今現在、日本の沖縄県の嘉手納基地の南東307マイルを時速9ノット(17km)で東北東へ進んでいます。最大風速は105ノット(55m/s)から瞬間的に130ノット(65m/s)に達します。今後の動きは、次の24時間中の予報で、間違いなく確定する予定です。」

ライオンロックは今現在(15時)は、南大東島の南東約330kmを東北東へ時速15km~17kmの速度で進んでいるものと思われます。中心気圧は945hPaとなっています。

衰退予想

The tight spiral of the storm indicates its current strength as a typhoon although forecasters do expect the storm to weaken in the near term due to a subtropical ridge which is directing its path.

「予報は、その嵐が、それの進路を方向づけている亜熱帯高圧帯が原因で、今後短期間のうちに弱まると予想していますが、その嵐のしっかりした渦巻きが、台風としての現在の強さを示しています。」

現在はまだ発達途上ですが、ライオンロックは日本列島に近づくにつれて、その勢力を、太平洋高気圧によって大きく削がれ衰退する事が予想されているようです。

本州上陸の可能性

Predictions are that Lionrock will move northeast and will slowly weaken for a day, before briefly restrengthening . The storm will veer northwest and make landfall near Tokyo on August 30th, at 65 knots. After crossing Honshu, Lionrock will turn extra-tropical in the Sea of Japan.

「ライオンロックは、一時的に再発達する前に、1日北東に進んで徐々に衰退するだろうと予想されています。ライオンロックは、北西に方向転換した後の、8月30日に、風速35mの風を伴って東京付近に上陸する予定です。本州を横断した後、ライオンロックは、日本海で温帯低気圧に変わりその長い人生を終えることになります。」

実質純国産台風(日本生まれの日本育ち)とも言える台風10号ですが、基本的に長い間、日本の領海内をさ迷いながら、最終的には日本列島に帰ってくるようです。現在の予報だと茨城県から宮城県にかけて上陸予定のようですが、千葉県に上陸する可能性もあります。東京を直撃する可能性は無いと言えますが、ライオンロックの優柔不断の動きを見ていると、どこに上陸するかはまだ分からないような気もします。1つ言えることは、上陸時の勢力は著しく弱まっているので、関東、東北、甲信越地方に住んでいる人は、風よりも雨の心配をしておいた方がいいかもしれません。大雨による河川の氾濫の可能性があるので注意が必要です。