デブな子供は大人になるとさまざまな病気を患いやすくなる

幼少期の肥満(子供時代に太り過ぎると)が、成人に至るまでの長い期間にわたり、健康へ影響を与え続ける事を、Obesity Reviews誌に掲載された新しい研究が明らかにしています。18の研究の30万人以上の参加者達から収集したデータを精査し、サリー大学の研究者達は、子供時代に太っていた参加者達の動脈へのダメージが大きいのと、糖尿病前症の可能性が高いことを見い出しています。こういった重要な動脈の厚みが増すそのダメージは、晩年に、個人の心臓病のような心血管病を患う可能性を高めています。

25年にわたる追跡調査

Childhood obesity causes lasting damage to the body

Body mass index (BMI), waist circumference and skin fold thickness measurements of over 300,000 children (average age of 10) were assessed and compared with results gathered from the same participants on average 25 years later.

30万人の子供達(平均年齢10歳)の肥満度指数(BMI)、胴囲と皮下脂肪厚の測定結果が、平均して25年後に、同じ参加者達から集めた測定結果と評価・比較されました。

肥満児は将来病気を患いやすい

Researchers discovered that obese children were pre disposed to ‘pre-diabetes’ (an inability to adequately metabolise glucose, which can later lead to diabetes) and thickening of arteries in adulthood, both of which can be detrimental to their adult health. Childhood BMI also proved to be an indicator of adult hypertension demonstrating that this indicator is useful in predicting illnesses associated with obesity in adulthood. Due to limited data it is unknown if waist circumference and skin fold thickness are indicators to future ailments.

研究者たちは、肥満児達が成人期に、前糖尿病状態(グルコースを適切に代謝できなくなって糖尿病を引き起こす可能性がある)や動脈硬化になりやすいことを発見しました。幼年時代の肥満度指数は、成人期高血圧の指標である事が分かっていて、この指標は、成人期の肥満と関連した病気を予測するのに効果的です。データーが限定的なため、胴囲と皮下脂肪厚が、将来的な疾患の可能性の指標になるかどうかについては分かっていません。

幼少期の肥満は影響が大きい

“The adverse effects of adult obesity are well known but what we have found is that obesity in childhood can cause lasting arterial damage which could potentially lead to life threatening illness. This is something that we need to address to protect adult health and reduce pressure on the NHS.”

”成人肥満の悪影響は良く知られているのですが、我々が発見した事は、幼年期の肥満が、命に関わる病気を引き起こす可能性がある、永続的な動脈損傷の原因になる可能性があるということです。我々は、大人の健康を維持して、国民保険サービスへの負担を軽減するように呼びかける必要があります。”

子供が肥満児にならないように、親は体重管理を厳重にする必要があります。子供が太り過ぎると、学校でデブと言って虐められる可能性があるし、運動も苦手になり、まさに百害あって一利なしです。子供の将来のためにも、親は、全力で子供が肥満児にならないように十分注意する必要があります。子供の将来を守るのは、親の将来を守ることにもなるからです。