人は1人では生きられない:人は孤独過ぎると寂しさでおかしくなる

孤独感と社会からの孤立は、肥満よりも深刻な公衆衛生上の危険である可能性があり、その社会的インパクトは増大を続け、今後も増大し続けるだろうと、第125回アメリカ心理学会年次大会においてプレゼンされた研究が示唆しているみたいです。孤独はダメだし、社会からの孤立などはもってのほかです。何故なら、人はみな1人では生きていけないものだからです。

他者との社会的つながりは必須

So lonely I could die

“Being connected to others socially is widely considered a fundamental human need–crucial to both well-being and survival. Extreme examples show infants in custodial care who lack human contact fail to thrive and often die, and indeed, social isolation or solitary confinement has been used as a form of punishment,” said Julianne Holt-Lunstad, PhD, professor of psychology at Brigham Young University. “Yet an increasing portion of the U.S. population now experiences isolation regularly.”

“社会的に他者とつながっていることは、基本的な人の欲求と広く考えられていて、健康と生存の両方には不可欠です。極端な例が、人との接触が乏しい擁護ケアを受ける乳幼児が、成長阻害を起こし、頻繁に死に至り、実際に、社会的隔離や独房監禁が、刑罰の一形態として使われてきています。”と、ブリガム・ヤング大学心理学教授のジュリアン・ホルトランスタッド博士は言いました。”それでも、日常的に孤独を感じる人達が、米国で現在増え続けてます。”

赤ん坊が1人では絶対に生きていけないように、大人も1人では絶対に生きていけません。無人島で一人になれば、孤独から発狂します。横井庄一氏の例もありますが、そういう例は非常に稀であり、誰でも真似できることではありません。特に、甘ったれた現代人には、到底不可能なことです。ありの社会では、社会から弾けたアリには、厳しい制裁が待っています。

孤独は伝染する

“There is robust evidence that social isolation and loneliness significantly increase risk for premature mortality, and the magnitude of the risk exceeds that of many leading health indicators,” said Holt-Lunstad. “With an increasing aging population, the effect on public health is only anticipated to increase. Indeed, many nations around the world now suggest we are facing a ‘loneliness epidemic.’ The challenge we face now is what can be done about it.”

”社会的孤立と孤独が、早世リスクを有意に増加させ、そのリスクの大きさが、多くの主要健康指標のリスクより大きいことを示す確かな証拠が存在します。”と、博士は言います。”高齢化人口が増え続ける中、国民健康への影響は、大きくなることだけが予想されています。実際問題として、世界中の多くの国々が、我々が、現在、孤独伝染病に直面していることを示唆しています。現在我々が直面する問題は、それにどう対処できるかということです。”

孤独は伝染するというのはその通りで、例えば、住んでいる隣近所が全て孤独なら、当然のこととして、そこに住んでる人間も、その地域においては孤独です。隣近所との付き合いが希薄になっていると言われ続けて、早40年経ちますが、皆が、孤独でいることを選べば、それが伝染病のように、瞬く間に、社会全体に孤独が広がっていってしまいます。その悪循環を断ち切るためには、一人一人が、社会、隣近所との関係を再認識する必要があります。孤独な人間というのは、反社会的になりやすく、それが治安を悪化させ、自暴自棄になった人間が、社会に対して反旗を翻さないように、社会が、社会から孤独を一掃しなくてはならないのです。

地域社会の変革が重要

Holt-Lunstad recommended a greater priority be placed on research and resources to tackle this public health threat from the societal to the individual level. For instance, greater emphasis could be placed on social skills training for children in schools and doctors should be encouraged to include social connectedness in medical screening, she said. Additionally, people should be preparing for retirement socially as well as financially, as many social ties are related to the workplace, she noted, adding that community planners should make sure to include shared social spaces that encourage gathering and interaction, such as recreation centers and community gardens.

ホルトランスタッド博士は、社会的レベルから個人レベルに至るまで、この公衆衛生への脅威に対処するための研究とリソースに、優先権を与える事を推奨しています。例えば、学校での子供たちへの社会技能訓練に重点を置き、医師達は、医療スクリーニングで、社会的つながりを含むよう推奨されるべきであると、彼女は言いました。さらに、多くの社会的なつながりが仕事関係であることから、経済的にだけではなくて社会的にも、定年退職のための準備をする必要があると、彼女は言及していて、地域政策立案者たちは、レクリエーション・センターやコミュニティ・ガーデン等の、集会や相互交流を促進する共用社会空間を、確実に含めるようにする必要があると付け加えています。

地域社会が一致団結して、孤独を排除するように努力する必要があるみたいです。日本でもだいぶ前から、孤独死とかが問題視されているので、これから迎える、あまりにも異常で未曾有の超絶高齢化社会を乗り切るためにも、全ての個人が、社会との密接なつながりを作る必要があります。助け合って生きるのが人間であって、困っている人がいたら力になり、飢えている人がいたら食料を分け与え、寒さで凍えている人がいたら、衣服や暖かい場所を提供してあげるのが、本来の人としてあるべき姿です。それができれば、この世が天国になるはずです。

人は、自分が赤ん坊だった時のことを、たまに考えるべきで、赤ん坊は、誰かの献身的な擁護がなければ、1週間も生きられないし、そう考えれば、自分が今生きていられるのは、誰かが自分のことを守って、養って、育ててくれたからだと、自覚できるはずです。人は皆1人では生きてゆけないものだからとは、赤ん坊は絶対に1人では生きていけないということで、社会とのつながりを持つということは、社会に貢献できる人間になるという意味でもあるのです。