母親のメチオニン過剰摂取が子供の統合失調症の原因

肉、チーズ、豆類に多く含まれるメチオニンと呼ばれるアミノ酸の存在量が、統合失調症を発症する胎児脳の発達に対する、新しい手掛かりを提供する可能性があることを、カリフォルニア大学アーバイン校薬理学部の研究員達が、Molecular Psychiatry誌に発表しています。

スポンサーリンク

妊娠中のメチオニン過剰摂取の弊害

UCI study uncovers possible roots of schizophrenia

The findings point to the role methionine overload can play during pregnancy and suggest that targeting the effects of this amino acid may lead to new antipsychotic drugs.

本発見は、メチオニン過剰が、妊娠中に果す役割を指摘し、このアミノ酸の作用を標的にすることが、新しい抗精神病薬をもたらすかもしれないことを示唆しています。

The UCI study also provides detailed information on the neural developmental mechanisms of the methionine effect, which results in changes in the expression of several genes important to healthy brain growth and, in particular, to one linked to schizophrenia in humans.

今回のUCIの研究は、健康な脳発達に重要ないくつかの遺伝子と、特に、統合失調症に関係している遺伝子の発現において変化をもたらす、メチオニン効果の神経発達機序に関する詳細な情報も提供しています。

Knowing that schizophrenia is a developmental disorder, the UCI team hypothesized that administering three times the normal daily input of methionine to pregnant mice may produce pups that have also schizophrenia-like deficits, which is what occurred.

統合失調症が、発達障害であることを踏まえた上で、UCIチームは、妊娠マウスに、通常の日常投与量の3倍のメチオニンを与えることで、統合失調症に似た障害を患った子ネズミを産む可能性があると仮設を立て、実際に、その仮説の通りになっています。

“Our study also agrees with the saying, ‘we are what our mothers ate’,” Alachkar added. “Methionine is one of the building blocks of proteins. It is not synthesized by our bodies, and it needs to be ingested. Our study points at the very important role of excess dietary methionine during pregnancy in fetal development, which might have a long-lasting influence on the offspring. This is a very exciting area of research that we hope can be explored in greater depth.”

”我々の今回の研究は、子供の健康は母親の食事次第、という格言にも一致しています。メチオニンは、タンパク質の構成成分の1つで、人体では合成されないので、食事から摂取する必要があります。私達の研究は、その子供に長期的な影響を与えるかもしれない、胎児の発育における妊娠期間中の過剰食事性メチオニンの非常に需要な役割を示しています。本研究は、より深く掘り下げられることが期待できる、非常にエキサイティングな研究分野です。”

妊娠中に、肉やチーズ、豆類をあまり食べ過ぎないのがいいということでしょうかね。

スポンサーリンク

フォローする