Takinib分子が画期的な癌治療薬になる可能性を秘めている

デュークヘルスの研究者達によって開発された薬に似た分子が、一部の癌、間接リウマチやクローン病を含む、さまざまな病気の中心にある(病気の主要因になっている)、炎症反応を仲介できる可能性が高いみたいです。新たに開発された分子は、Takinibと呼ばれ、組織に起こる炎症の主要原因である、tumor necrosis factor alpha(腫瘍壊死因子アルファ、TNF-alpha)と呼ばれる細胞シグナリングタンパク質に作用します。ここ数年、TNF-alphaを妨げて、自己免疫疾患と一部の癌を治療するための、幾つかのバイオ医薬品が開発されてきていますが、たいていの場合、患者達は、耐性、または、副作用を引き起こします。

スポンサーリンク

Takinibが一部の癌治療に道を開く

Lab tests show molecule appears to spur cell death in tumors, inflammation

The Duke team, lead by Timothy Haystead, Ph.D., a professor in the Department of Pharmacology and Cancer Biology, and Emily Derbyshire, Ph.D., assistant professor in the Department of Chemistry, conducted cell-based experiments to learn how the Takinib molecule influences a series of events to suppress cell death. Their work appears in the Aug. 17 issue of the journal Cell Chemical Biology.

薬理学・がん生物学部教授ティモシー・ヘイステッド博士、化学学部助教授エミリー・ダービシャー博士率いるデュークチームは、Takinib分子が、どのようにして、細胞死を抑制する一連のイベントに影響を与えるのかを調べるために、細胞ベースの実験を実施しました。彼等の今回の研究は、Cell Chemical Biology誌8月17日号に掲載されています。

The researchers found that Takinib inhibits an enzyme called TAK-1, which serves as a switch controlling cell survival in the TNF-alpha signaling process.

研究者達は、Takinibは、TNF-alphaシグナリングプロセスでの、細胞生存を制御するスイッチとして機能している、TAK-1と呼ばれる酵素を阻害することを発見しました。

“The delicate balance between survival and death is often disrupted in disease, and this molecule is able to target the process,” Haystead said. “This compound could potentially enhance the positive parts of TNF-alpha by only targeting tumor cells or inflammatory cells.”

”細胞生存・破壊間のデリケートなバランスは、病気時に、頻繁に崩され、この分子は、そのプロセスをターゲットにすることができます。この化合物は、腫瘍細胞や炎症細胞だけを標的にすることで、TNF-alphaのプラスの部分を強める可能性を秘めています。”

The compound also appears to be effective in small amounts, potentially reducing the toxicity that has been shown in biological compounds targeting the same inflammatory pathway.

この物質は、少量で効果的であるようにも思われるので、同じ炎症経路を標的にする、生体化合物に見られる毒性を減らせる可能性があります。

“Takinib is unique for its ability to selectively target a pathway, since many inhibitors shut everything down,” Derbyshire said. “It appears to have a more surgical ability to inhibit this pathway.”

”Takinibがユニークなのは、多くの阻害剤は、全ての経路を遮断してしまうのに対し、選択的に1つの経路だけを標的にできるそれの能力です。”

薬に似た分子が、副作用を気にすること無く、病気の治療に使えるようになる可能性があるみたいです。動物を使った、リウマチ治療の研究が進められていて、次にマラリアを含む他の疾患の治療への有効性がテストされるみたいです。たぶん、癌も含んでいるはずです。

スポンサーリンク

フォローする