オリーブオイルやクルミ等のナッツ類を摂取すると頭が良くなる

栄養素は認知能力とリンクしていますが、研究者達は、そのリンクの根底にあるものを特定することはできませんでした。イリノイ大学の研究者達による新しい研究が、オリーブオイル、ナッツ、アボカドに含まれている栄養成分の一種である一価不飽和脂肪酸が、一般的知能にリンクしていて、この関係が、MUFAと脳の注意ネットワーク構成の関係に依っていることを発見しています。

アーバナにあるカール財団病院によってリクルートされた、99人の健康な高齢者の研究が、血液サンプルに含まれる脂肪酸栄養素パターン、脳ネットワークの効率性を測った機能MRIデータ、一般知能検査の成績を比較しています。本研究は、NeuroImage誌に掲載されました。

スポンサーリンク

一価不飽和脂肪酸が知能を高める

Nutrition has benefits for brain network organization, new research finds

Studies suggesting cognitive benefits of the Mediterranean diet, which is rich in MUFAs, inspired the researchers to focus on this group of fatty acids. They examined nutrients in participants’ blood and found that the fatty acids clustered into two patterns: saturated fatty acids and MUFAs.

MUFAリッチな地中海ダイエットの認知機能に対する効果を示唆しているいくつかの研究が、今回の研究の研究者達に、この種類の脂肪酸に注目させました。彼等は、研究参加者達の血液サンプルの栄養成分を調査し、脂肪酸が、飽和脂肪酸とMUFAの2パターンに凝集しているのを発見しました。

The researchers found that general intelligence was associated with the brain’s dorsal attention network, which plays a central role in attention-demanding tasks and everyday problem solving. In particular, the researchers found that general intelligence was associated with how efficiently the dorsal attention network is functionally organized used a measure called small-world propensity, which describes how well the neural network is connected within locally clustered regions as well as across globally integrated systems.

一般的知能が、注意を要求されるタスクや、日常的な問題を解決するのに、中心的な役割を果たしている脳の背側注意ネットワークに関連していることを発見しています。とりわけ、研究者達は、一般的知能が、背側注意ネットワークが、ニューラルネットワークが、いかにうまく局所的凝集領域内や大域的統合系に接続しているかを特定する、スモールワールド性と呼ばれる指標を使って、どのくらい効率よく、機能的に組織化されていることに関連しているのかを明らかにしています。

In turn, they found that those with higher levels of MUFAs in their blood had greater small-world propensity in their dorsal attention network. Taken together with an observed correlation between higher levels of MUFAs and greater general intelligence, these findings suggest a pathway by which MUFAs affect cognition.

次に、彼等は、血中MUFA濃度が高い人々が、背側注意ネットワークにより高いスモールワールド性を持つことを見つけ出しました。このことを、観測された高濃度MUFAと高い一般的知能の相関関係と合わせると、これらの発見が、MUFAが認知機能に影響を与える経路の存在を示唆しています。

ナッツを食べると頭が良くなるとはよく言われますが、どうやら本当みたいです。一価不飽和脂肪酸を多く含む食品を摂取することで知能が高まるらしいので、受験生なんかは、オリーブオイルやナッツ類(くるみやアーモンド)、アボカドを毎日摂取するのがいいのかもしれません。実際の相関関係を確定するには、長期的な介入研究が必要みたいですが、こういった食物は体に良いので、全般的な健康維持のためにも、食べておいて決して損はありません。特におすすめなのは、パクチー、ブロッコリースプラウト、アボカド、アーモンド、くるみ、ニンジン、パプリカ、オクラ、レタス、ちりめんじゃこ山椒、トマト、ノルウェーサーモンにオリーブオイルと荏胡麻油(亜麻仁油)をかけ、隠し味にすりニンニクを少々加えたサラダが超最高です。

スポンサーリンク

フォローする