火蟻(ヒアリ)毒ソレノプシンが乾癬等の皮膚病治療薬や抗癌剤になる

最近日本でも何かと話題の火蟻ですが、そのヒアリの毒から抽出した物質が、皮膚肥厚や炎症を抑制できることが、エモリー大学とケースウエスタンリザーブ大学の研究者達による、乾癬マウスモデルを使った研究が示しています。今回の研究の結果は、Scientific Reports誌に掲載予定です。

ステロイド剤に代わる乾癬治療薬

Fire ant venom compounds may lead to skin treatments

The findings could lead to new treatments for psoriasis, a common autoimmune skin disease. Topical steroids are now most frequently used for mild to moderate psoriasis, but they have side effects such as skin thinning and easy bruising.

本知見は、一般的な自己免疫性皮膚病の乾癬の新しい治療法につながる可能性があります。局所ステロイドは、現在、軽度から中程度の乾癬に対して最も頻繁に使われていますが、それらは、皮膚菲薄化やあざができやすくなる等の副作用があります。

火蟻毒のソレノプシン

Solenopsins are the main toxic components of fire ant venom. They chemically resemble ceramides, which are lipid-like molecules essential for maintaining for the barrier function of the skin. Ceramides can be found in many skin care products.

ソレノプシンは、ヒアリの毒の主要な毒性成分です。それらは、皮膚の関門機能を維持するのに必要不可欠である、脂質様分子のセラミドに化学的に似ています。セラミドは、多くのスキンケア製品に含まれています。

セラミドとスフィンゴシン-1-リン酸

Ceramides can act as a double-edged sword, says lead author Jack Arbiser, MD, PhD, professor of dermatology at Emory University School of Medicine. Under certain conditions they can be converted by cells into S1P (sphingosine-1-phosphate), an inflammatory molecule.

セラミドは両刃の剣になり得ると、筆頭著者のエモリー大学医学部皮膚科教授ジャック・アービサー博士は言います。一定の条件下で、細胞は、セラミドを、炎症分子のスフィンゴシン-1-リン酸に変換することができます。

ソレノプシン類似体

Arbiser and his colleagues devised two solenopsin analogs that look like ceramides, but can’t be degraded into S1P. They then tested them in a mouse model of psoriasis, applying the compounds in a one percent skin cream for 28 days.

アービサー博士と彼の同僚達は、セラミドに似ている一方でS1Pには分解されない、2つのソレノプシン類似体を考案しました。彼等は、その後、乾癬マウスモデルに、28日間、その化合物を1%スキンクリームの形で塗布することで、それらをテストしました。

炎症信号IL-22と抗炎症信号IL-12

The mice treated with solenopsin analogs displayed decreases in skin thickness compared with controls (about 30 percent). The treated mice also had fewer (around 50 percent less) immune cells infiltrating the skin. When applied to immune cells in culture, the compounds decreased the cells’ production of the inflammatory signal IL-22 and increased production of anti-inflammatory IL-12.

ソレノプシン類似体で治療されたネズミは、対照群と比べ皮膚肥厚が約30%減少しています。処置マウスは、皮膚に浸潤する免疫細胞も約50%少なかったです。培養免疫細胞に塗布すると、その化合物は、細胞の炎症シグナルIL-22産生を減らし、抗炎症シグナルIL-12の産生を高めます。

“We believe that solenopsin analogs are contributing to full restoration of the barrier function in the skin,” Arbiser says. “Emollients can soothe the skin in psoriasis, but they are not sufficient for restoration of the barrier.”

”我々は、ソレノプシン類似体が、皮膚の関門機能の完全回復させると考えています。柔軟化粧水(皮膚軟化剤)は、乾癬の皮膚を緩和しますが、それらは、関門の回復には十分ではありません。”

ソレノプシン類似体は抗癌剤にもなる

His lab has previously shown that solenopsin is an inhibitor of blood vessel growth and has potential as an anticancer agent. Systemic toxicity for the solenopsin derivatives has not been tested, but Arbiser says systemic toxicity would not necessarily preclude use in skin diseases, citing the example of external application of botulinum toxin.

彼の研究室は、過去に、ソレノプシンが血管の増殖を阻害し、抗がん剤としての可能性を秘めていることを見つけ出しています。ソレノプシン類似体の全身毒性は、まだ試験されていませんが、アービサー博士は、全身毒性が、必ずしも、皮膚病使用の障害にはならないと、外用ボツリヌス毒素の例を挙げて言っています。