英単語envyとjealousy、この2つの単語の本当の違いとは

今までenvy = jealousy = 嫉妬、妬み、羨望だと思っていましたが、どうやら、この2つの単語には決定的な意味の違いがあったようです。envyと言えば、キリスト教のseven deadly sins(7つの大罪)の1つで、ブラピ主演映画Se7en(Seven)の最重要単語でした(犯人のJohn DoeがDavid Millsの平凡な生活にenvyする)。7つの大罪で、何故、jealousyではなくenvyが使われているのか?そのことに焦点を当ててみました。

grade intoの意味と用法、grade schoolの意味
英単語のgrade(等級、学年、評価、傾斜)は基礎中の基礎単語で、日本では、グレードが高い、ハイグレードといったような使われ方をしていて、この言葉がすっかり定着しています。このgradeという単語は、簡単なようで、実は意外と意味不明な用法が隠されているので、今回は、この初級レベルでありながら奥が深い英単語について調べてみました。
スポンサーリンク

envyとjealousyの違い

Scientists list 50 terms you may be confusing

Envy and jealousy are so frequently confused (e.g., “I’m jealous that you’re going to Hawaii next week!”) that few people are aware they differ. Yet the distinction is typically simple: Envy involves two people, whereas jealousy involves three or more people. So you are envious, not jealous, that your friend is headed to Hawaii — unless they are going with another friend as well.

envyとjealousyという2つの単語は、ほとんどの人がその違いに気付くこと無く、頻繁に混同されてしまっています(例えば、”私は来週ハワイへ行くあなたがまじ羨ましい”という文にjealousを使うとか)。にもかかわらず、その違いは、通常は単純で、envyが2人の人間が関わるのに対し、jealousyは3人かそれ以上の人が関わっています。故に、その友達が別の友達と一緒に行くのでもない限りは、友達がハワイに行くのことにjealousなのではなくて、enviousだということになります。

I envy you.とか、I am envious of you.とは言えても、I am jealous of you.とは言えないみたいです。ただし、I am jealous of you guys.とは言えます。youがあなたではなくてあなた達という意味になる場合は、jealousは使えるので、例えば、I’m jealous of you.という英文があった場合、私はあなた達が羨ましい。と訳すのが正解ということになります。しかし、ほとんどのネイティブがこの2つの単語の違いに気付いていないみたいなので、ノンネイティブが使い分ける必要もなさそうです。

エンビーとジェラシーの意外な意味の違いを知ることができましたが、日本人にとっては、嫉妬と言えばジェラシーのことなので、ある意味、どうでもいい違いかもしれません。

look the part, feel the part, act the partの意味・用例
partという英単語には、in part = 1つには、take part in = 参加する、dress the part = (役割、地位、身分)にふさわしい格好(服装)をする、part of the furniture = (家具の一部と化している)古株、part with = ~と分かれる、のようなさまざまなイディオムが存在します。
スポンサーリンク

7つの大罪でenvyが使われている理由

jealousyとenvyには大きな意味の違いがあります。その違いを端的に示すと以下のようになります。

To reiterate, you’re jealous of what you have. You’re envious of what you don’t have!
大事なことなので繰り返します。あなたが持っているものにjealousを使い、持っていないものにenviousを使います。

例えば、あなたの配偶者や恋人が、あなた以外の別の異性と付き合った場合、あなたはその異性に対しジェラシーの炎を燃やしますが、エンビーという感情は起こりません。逆に、好意を寄せている異性に恋人がいた場合、その恋人に対してエンビーしますが、ジェラシーという感情は起こりません。

聖書にjealous Godという言葉が出てきますが、これは自分以外の神を信じることに対し、神がジェラシーするということを意味しています。envious Godとは間違っても言ってはいけません。つまり、人の持っているものを羨ましがる心の卑しさを、7つの大罪の1つであるenvyは戒めているということです。

参考サイトEnvy (envious) and jealousy (jealous)

スポンサーリンク
スポンサーリンク