甘党に悲報:糖分の大量摂取はやはり心臓と肝臓に悪かった

砂糖を大量に摂取する健康な人達は、心臓病発症リスクが大幅に上昇するらしいです。サリー大学による画期的な研究が、他の点では健康な男性の被験者群が、糖分が多い食事の摂取後、血中脂肪と肝臓脂肪の量が増加することを明らかにしています。Clinical Scienceに掲載された本研究は、肝臓脂肪量が多い男性と少ない男性の2つのグループに着目し、彼等に、高糖質食か低糖質食を与え、肝臓脂肪の量が、糖分の影響が、心臓の健康を左右するのかどうかを調べています。低糖食は、推奨摂取量に近い、1日140カロリー未満相当の糖分を含む一方で、高糖食の方は、650カロリーに相当する糖分を含んでいます。つまり、高糖食は、低糖食の約4.5倍の糖分を含むことになります。

スポンサーリンク

糖分の過剰摂取は肝臓と心臓に悪い

Healthy people are at risk of developing heart disease, says Surrey expert

After 12 weeks on the high sugar diet, the men with a high level of liver fat – a condition known as non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) – showed changes in their fat metabolism that are associated with an increased risk of cardiovascular disease, heart attacks and strokes.

高糖質ダイエットを12週間続けた後で、非アルコール性肝脂肪疾患として知られる、肝臓脂肪が異常に多い状態の男性達は、心臓病、心臓発作、脳梗塞のリスク上昇に関連している脂質代謝のおける変化を示しています。

Fat metabolism is the biochemical process by which fats are transported and broken down in the blood, and used by the cells of the body.

脂肪代謝は、脂肪が、血液中で輸送・分解されて細胞に利用される生化学過程のことです。

The results also revealed that when the group of healthy men with a low level of liver fat consumed a high amount of sugar, their liver fat increased and their fat metabolism became similar to that of the men with NAFLD.

本研究結果は、肝臓脂肪が少ない健康的なグループが、高糖質食を摂ると、肝臓脂肪が増え、彼等の脂肪代謝が、NAFLDを患う男性の脂肪代謝に良く似るようになることも示しています。

“While most adults don’t consume the high levels of sugar we used in this study, some children and teenagers may reach these levels of sugar intake by over-consuming fizzy drinks and sweets. This raises concern for the future health of the younger population, especially in view of the alarmingly high prevalence of NAFLD in children and teenagers, and exponential rise of fatal liver disease in adults.”

“ほとんどの成人は、今回の実験で使ったような大量の糖分は摂取しないのですが、一部の子供達や10代の若者達は、清涼飲料水や甘いお菓子を食べ過ぎることで、この量の糖分を摂取してしまう可能性があります。この事は、子供達に蔓延するNAFLDや、成人の致命的肝疾患の指数関数的増加を考慮した場合、若い世代の将来の健康に対する不安をもたらします。”

甘党の酒豪はやばそうです。糖分を過剰摂取したら運動でカロリー消費するか、運動するのが面倒くさい人は、糖分の過剰摂取は控えた方が無難かもしれません。