クルミやピスタチオやピーナッツ等のナッツ類は脳機能も高めてくれる

カリフォルニア州サンディエゴで開かれたExperimental Biology 2017(実験生物学2017)会議の栄養学部門でプレゼンされ、FASEB Journalに掲載された、ロマリンダ大学ヘルスの研究者達による研究が、日常的なナッツ類摂取が、認知、治癒、学習、記憶と他の主要な脳機能に関連した脳波周波数を強化することを明らかにしています。

ちなみにピーナッツはナッツと付いていますが、鳩の好きな豆の仲間です。

ナッツを食べて脳波増強

Study finds consuming nuts strengthens brainwave function

In the study titled “Nuts and brain: Effects of eating nuts on changing electroencephalograph brainwaves,” researchers found that some nuts stimulated some brain frequencies more than others. Pistachios, for instance, produced the greatest gamma wave response, which is critical for enhancing cognitive processing, information retention, learning, perception and rapid eye movement during sleep. Peanuts, which are actually legumes, but were still part of the study, produced the highest delta response, which is associated with healthy immunity, natural healing, and deep sleep.

「ナッツと脳:ナッツ摂取のEEG脳波変化への影響」と題された研究の中で、一部のナッツが他のナッツよりも、一部の脳波周波数を大きく刺激することを、研究者達は発見しています。例えば、ピスタチオは、認知処理、情報保持、学習、感覚、睡眠中の急速眼球運動の向上に重要なガンマ波反応が最も大きかったです。実際にはナッツ類ではなく豆類ですが、にもかかわらず本研究の一部であるピーナッツは、健全な免疫、自然治癒、熟睡に関連しているデルタ反応が最も大きかったです。

いろんなナッツを食べた方が、いろんな脳機能を強化できるみたいです。つまり、1つの木の実だけを食べ続けるよりも、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、ピスタチオ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ、クルミなんかをまとめて食べた方が、脳には良いみたいです。とは言っても、こういったナッツを毎日食べれば、食料品がハイパーインフレを起こしている我が国では、確実に財政破綻に追い込まれます。諦めるしかありません。

抗酸化作用はクルミが一番

The study’s principal investigator, Lee Berk, DrPH, MPH, associate dean for research at the LLU School of Allied Health Professions, said that while researchers found variances between the six nut varieties tested, all of them were high in beneficial antioxidants, with walnuts containing the highest antioxidant concentrations of all.

本研究の主任研究員である、ロマリンダ大学コメディカル学部研究部門副学部長のリー・バーク博士は、研究者達が、テストした6種類の木の実の相違を見つけ、全てのナッツが、クルミを筆頭に、体に有益な抗酸化物質を豊富に含んでいたと言いました。

ナッツはとにかく体に良い

Prior studies have demonstrated that nuts benefit the body in several significant ways: protecting the heart, fighting cancer, reducing inflammation and slowing the aging process. But Berk said he believes too little research has focused on how they affect the brain.

過去のいくつかの研究が、ナッツが、心機能保護、抗癌、炎症緩和、抗老化などの、いろいろなやり方で、体に恩恵をもたらしていることを立証していますが、バーク氏は、ナッツが脳にどう作用するのかに焦点を当てている研究が、あまりにも少ないと言いました。

木の実は体に良いので、健康維持に、経済的に可能な限り食べた方が良さそうですが、史上最強の発がん物質と言われているアフラトキシンには十分注意する必要があります。