癌の半分近くは生活態度を改め健康的な生活に改善することで予防可能

米国癌学会による新しい研究が、さまざまな改善可能ながん発現のリスク因子に対する寄与度を算出し、喫煙から果物・野菜不足に至る、既知の危険因子の役割を明確にしています。今回の研究は、アメリカ国内の癌症例と癌死の4割以上が、これらの主要な修正可能なリスク因子と関連していて、その多くが、予防介入で緩和可能な事を示しています。本研究は、CAに早期オンライン掲載されています。(CA:A Cancer Journal for Clinicians)

半分近い癌は予防可能

Study calculates contribution of risk factors to cancer in the United States

In this new analysis, investigators led by Farhad Islami, M.D., Ph.D., of the American Cancer Society used the prevalence of known risk factors and their relative risk (the extent to which they increase cancer risk) to estimate the proportion of cancers due to those factors. They then applied those proportions to actual cancer data to estimate the number of associated cases and deaths overall and for 26 cancer types. The risk factors included in the analysis were: cigarette smoking; secondhand smoke; excess body weight; alcohol intake; consumption of red and processed meat; low consumption of fruits/vegetables, dietary fiber, and dietary calcium; physical inactivity; ultraviolet light; and six cancer-associated infections.

今回の新しい分析の中で、米国癌学会のFarhad Islami博士を中心とした研究者達は、それらの因子による癌の比率を見積もるために、既知のリスク因子の罹患率とそれらの相対危険度(それらが癌リスクを増加させる度合い)を使っています。彼等は、それから、26種の癌用の、関連症例・関連死全体の数を推定するために、実際の癌データに前者の比率を適合させました。分析のリスク因子には、喫煙、副流煙、体重超過、飲酒、赤身肉と加工肉摂取、野菜や果物や食物繊維、食事性カルシウムの摂取不足、運動不足、紫外線、6種の癌関連感染症が含まれます。

They found that in the U.S., an estimated 42.0% of all cancer cases (659,640 of 1,570,975 cancers) and 45.1% of cancer deaths (265,150 of 587,521 deaths) in 2014 were attributable to these modifiable risk factors.

2014年の米国内の全癌症例の42%と癌死の45.1%が、こういった修正可能なリスク因子が原因であることを、研究者達は発見しています。

喫煙は超危険

Cigarette smoking accounted for the highest proportion of cancer cases (19.0%; 298,970 cases) and deaths (28.8%; 169,180 deaths), followed by excess body weight (7.8% of cases; 6.5% of deaths), alcohol intake (5.6% of cases; 4.0% of deaths), UV radiation (4.7% of cancers; 1.5% of deaths) and physical inactivity (2.9% of cases and 2.2% of deaths). Low fruit and vegetable intake accounted for 1.9% of cases and 2.7% of deaths, while HPV infection accounted for 1.8% of cases and 1.1% of deaths.

喫煙が、最も高い癌症例(19%)と癌死(28.8%)の比率を占め、次に、肥満が、7.8%、6.5%、飲酒:5.6%、4.0%、紫外線:4.7%、1.5%、運動不足:2.9%、2.2%と続きます。

喫煙と肥満と飲酒と運動不足が4大癌危険リスクであることがよく分かります。肥満と運動不足はセットと考えてもいいので、実際には、喫煙、運動不足、飲酒が3大リスクと言えます。

肺がんの85.8%、肝臓がんの71%、大腸がんの54.6%、乳がんの28.7%の癌症例が、これらの危険因子が原因になっているという衝撃的なデータもあります。

喫煙、過剰体重、飲酒はとにかく危険

Smoking accounted for 81.7% of lung cancers, 73.8% of larynx cancers, 50% of esophageal cancers, and 46.9% of bladder cancers.

喫煙は、81.7%の肺癌、73.8%の咽頭癌、食道癌の50%、膀胱癌の46.9%の原因

Excess body weight was associated with 60.3% of uterine cancers, about one-third of liver cancers (33.9%), 11.3% of breast cancers in women, and 5.2% of colorectal cancers.

太り過ぎは、子宮癌の60.3%、肝臓がんの約3分の1(33.9%)、女性の乳がんの11.3%、結腸直腸癌(大腸がん)の5.2%と関連していました。

Alcohol intake was associated with almost one-half of oral cavity and pharyngeal cancers in men (46.3%) and about one-fourth (27.4%) in women, 24.8% of liver cancers in men and 11.9% in women, 17.1% of colorectal cancers in men and 8.1% in women, and 16.4% of breast cancers in women.

飲酒は、男性の口腔がん・咽頭がんの約半分(46.3%)、女性の約4分の1(27.4%)、男性の肝臓がんの24.8%、女性は11.9%、男性の大腸癌の17.1%、女性の8.1%、女性の乳癌の16.4%と関わり合いを持っていました。

Physical inactivity accounted for 26.7% of uterine cancers, 16.3% of colorectal cancers, and 3.9% of female breast cancers.

運動不足は、子宮癌の26.7%、大腸がんの16.3%、女性の乳がんの3.9%を占めています。

女性にとって、飲酒と肥満と運動不足は女性特有癌と大腸がんの3大危険因子となっています。男性も女性も、喫煙はとにかく最悪なのでやめた方がいいでしょう。面白いのは、セコンドハンドスモーキング(secondhand smoking:副流煙、受動喫煙)のがん発症寄与率が、予想以上に低かったことです。

癌予防的に、喫煙・飲酒は最低最悪の生活習慣であることが改めて証明され、さらに、太り過ぎと運動不足が、女性にとっては最悪の修正可能な癌危険因子である事が証明されています。健康維持のためにも、週150分の中強度運動か週75分のハードな運動を習慣にし、夕食は腹6分目ぐらいに抑え、甘いものや高カロリーな食事を控えることが必要だと言えます。