毎日トマトやリンゴを食べて肺機能改善と肺の老化速度を遅らせる

ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院による研究が、10年という期間における肺機能の経年劣化が、トマトやフルーツ、特に林檎を良く食す元喫煙者の間で、緩やかであることを見いだし、これらの食品に含まれるある種の成分が、長年の喫煙に起因する肺への損傷を治癒する手助けをしている可能性があることを示唆しています。

スポンサーリンク

野菜のトマトを食べること

Diet rich in apples and tomatoes may help repair lungs of ex-smokers, study suggests

The researchers found that adults who on average ate more than two tomatoes or more than three portions of fresh fruit a day had a slower decline in lung function compared to those who ate less than one tomato or less than one portion of fruit a day, respectively. The researchers inquired about other dietary sources such as dishes and processed foods containing fruits and vegetables (e.g. tomato sauce) but the protective effect was only observed in fresh fruit and vegetables.

研究者達は、1日平均2個以上のトマトや3人前(240g)以上の新鮮な果物を食べると、1日1個に満たないトマトや1人前未満の果物を食べる人に比べて、肺機能低下が遅くなることを見いだしています。研究者達は、果物や野菜を含む料理や加工食品(例えばトマトソース)等の他の食事供給源についても調べましたが、保護効果は新鮮な果物と野菜のみに見られました。

全く野菜や果物を食べない人達に比べると、1日2個のトマト、もしくは、1日1個のリンゴを食べる人達は、肺機能が保護されるようです。しかし、トマト2個もリンゴ1個も、大体200円くらいするので、毎日食べるということは、4人家族なら800円ということになり、これだけで月24000円の出費です。さらに、これは最低限度量なので、例えば、トマト2個とリンゴ1個の両方を毎日食べるとなると、月の出費が5万円近くに跳ね上がります。リンゴジュースや野菜の加工品ではだめみたいで、新鮮なトマトとリンゴを丸ごと食べないと効果がないようです。

portions of fruitは、~人前の果物、~品目の果物、果物~個など、ググってみると色々な訳がついていますが、実際には果物80gのことみたいです。

ポーションの意味するところ

What is a portion of fruit or veg? Can I actually eat 10 portions a day?

One portion is 80g of a particular fruit.

This works out as somewhere between a slice and half of a large fruit, such as a melon or grapefruit.

It could also be one medium sized fruit, such as an apple.

Or it could be two small fruits, such as two plums or satsumas.

one portionは、特定の果物80gを意味します。これは、大体、メロンやグループフルーツ等の大きな果物の一切れ~半分くらいの量に相当します。また、リンゴ等の中サイズの果物一個分と考えることも可能です。または、プラムやみかん等の小果物2個分になり得ます。

a particular fruit = 特定の果物、リンゴならリンゴ、みかんならみかんのこと

つまり、3 portions of fruit = 240gのフルーツということになります。上記の例の、リンゴ1個分とか有り得ません。家のリンゴは測ったら300~400gありました。つまり、1日リンゴ1個食べるだけで十分ということになります。なので、3品目のフルーツを80gずつ食べるのもありと言えるので、訳が、3品目であっても、3人前でも、3つでも、3切れでも、1 portionは80gということには何の変わりもありません。cored apple(芯を取ったリンゴ)1個程度と覚えておけばいいでしょう。リンゴを食べる時は皮ごと食べるべきで、もし、残留農薬やワックスが気になる時は、重曹溶液に15分程度つけておき、よく洗って食べるといいようです。

慢性閉塞性肺疾患を予防

毎日新鮮なトマトやリンゴを食べることで、chronic obstructive pulmonary disease(慢性閉塞性肺疾患、COPD)を予防することができると期待されているようなので、特に、元喫煙者は肺機能を復活させるために、毎日、新鮮なトマトとリンゴを食べた方がいいかもしれません。

嫌煙家も、トマトやリンゴを食べることで、肺の老化を遅くできるらしいので、肺の健康の維持のためにも、毎日トマトとリンゴを丸ごと食べることが推奨されています。リンゴやトマトを食べる時は、残留農薬とワックスのことを考慮して、皮を向いて食べるのがいいのかもしれませんが、有機トマトや有機リンゴを割高だけど買うか、重曹水で農薬やワックスを多少落として食べるとかしましょう。トマトジュースやピューレ、リンゴジュースはダメです。しかしながら、実際には、1日10 portion(800g)の野菜と果物を摂取することが、健康効果を最大限にしてくれるので、800gのうち、240gは、トマトかリンゴのどちらか、あるいは両方で摂取するのがいいのかもしれません。トマトはリコピン、リンゴはリンゴポリフェノールが含まれているので、この両方は毎日摂取しても損はないはずです。

スポンサーリンク

フォローする