貧困は個人の自由を奪う:格差社会を語るのに欠かせない名言中の名言

格差社会は、日本だけの問題ではなく全世界的な問題です。お金がないという事が、個人の健康に重大な悪影響を与えることを、数々の科学的な研究が示唆しています。四六時中お金に不自由を強いられることが、個人の精神を蝕み、健康を害するだけではなく、精神までも破壊してしまう可能性があります。貧困地区に犯罪が多いのがそれを如実に証明しています。

スポンサーリンク

金欠が個人の自由を奪う

“In the good society all of its citizens must have personal liberty, basic well-being, racial and ethnic equality, the opportunity for a rewarding life. Nothing, it must be recognized, so comprehensively denies the liberties of the individual as a total absence of money. Or so impairs it as too little.”
John Kenneth Galbraith ‘The Good Society: The Human Agenda’

良い社会では、全ての国民が、個人の自由、基本的福祉、人種的・民族的平等、実りある生活を送る機会を与えられなければなりません。認識されなければならないことは、無一文であることほど、個人の自由を全面的に否定するものはないということです。または、お金が不足することほど、その自由を損なうものはないということです。

Nothing is so A as B = BほどAなものはない、Nothing is so difficult as ~なら、~ほど難しいものはないという意味のイディオムの変形型です。

A = comprehensively denies the liberties of the individual 個の自由を完全否定する

B = a total absence of money 金の完全欠損、金欠であること

Or so impairs it as too little = Or (nothing) so impairs it as too little (money).

it = the liberty (of the individual)

ジョン・ケネス・ガルブレイス氏の名言ですが、確かに、お金に苦労することほど、個人の自由が剥奪されることはありません。金不足から、金策に追われれば、お金を得る以外には何もできなくなるし、最悪の場合、金欲しさの犯罪に走って刑務所行きです。金のためならなんでもするという人間は、他人の自由までも剥奪することになります。金がないのは、個人の能力不足や努力不足と一蹴する人も多いですが、そういう人は、貧困に喘ぐ子供達に対しても同じことが言えるのでしょうか?貧乏なのに子供を持った馬鹿な親を持った運命を呪えとでも言うのでしょうか?貧乏人は子供を持つ資格がないみたいなことを言う人は、そのような歪んだ自己の思想が、ナチスの優生思想と同じであることを認識した方がいいでしょう。

今の日本は、金欠病により、結婚どころか恋人すら持てない人達が街に溢れています。お金がないということで、結婚して子供を持つ権利すら剥奪されていると言えます。お金が不足しているという理由で、ありとあらゆることを諦めている人達も大勢います。この国は、意図的にそういう人間を増やしていて、そうすることで、個人の自由を剥奪している、今の日本の前身である大日本帝国は、暴力によって個人の自由を剥奪していたが、今は、多くの国民を貧困に追いやることで、個人の自由を弾圧していると言っても過言ではない、このように宣う人達もちらほら見かけます。その一方で、日本の貧困はただの甘えであると、そう言い切る人達もちらほら見かけます。格差は甘えという考えの人達は、暴力が支配する世の中で、弱さは甘えと言えるでしょうか?弱いやつが強いやつにやられるのは当たり前と言えるでしょうか?野生動物の世界では、喧嘩が一番強い奴が一番偉いわけですが、人間社会は、喧嘩最弱なもやしでひ弱な野郎でも、世界一の金持ちになれたり、一国の長になれたりする社会であることを忘れているのではないでしょうか。喧嘩の強いやつを国家が暴力で抑えつけて、喧嘩が弱いやつでも偉くなれるシステムは、ある意味、ギークの逆襲とも言えるわけですが、そのシステムのお陰で巨万の富を得ている人間達も抑え付ける必要がある、そう主張している人達もいます。

聖書の一節の、The love of money is the root of all evil. 金銭を愛することは諸悪の根元とは本当に良く言ったもので、格差社会の根元は、金を愛するか人を愛するかと、金持ちとそいつ等と結託している政治家達が問われた場合、常に金を愛する方を選び続けることにあると言われています。シンドラーのリストで、金か人かの選択を迫られた時、金を選んだ場合、多くの人間はドン引きするでしょうが、そういうドン引き行為を、ほとんどの自由主義社会の国民達は許容しているということのようです。