nice and quietは上品で閑静という意味ではない?

The place is nice and quiet.は、その場所は上品で閑静だという意味ではなく、オンライン版ロングマン現代英英辞典によると、nice and = (強調を表して)十分に…, いい具合に…という意味になっていて、The bed was nice and warm. ベッドは十分に暖かかった。という例文が載せられています。つまり、その場所は十分に閑静だ。という意味になるようです。

nice and = nicely = 心地よく、申し分なく、といった意味合いにもなるようです。

OEDのnice andの項目に、下記の例文が載っています。

‘I made a nice and easy swing in slow tempo, and there was no other way but to hit the ball perfectly well.’

私は、遅い速度でゆっくりスイングし、ボールをちゃんと叩くしかなかった。

make a nice and easy swing = (十分に)ゆっくりスイングする。ゆっくり振る

このスレッドでは、The steak was nice and juicy. ステーキは十分美味かった。

It was a nice, juicy steak. とてもジューシーなステーキだった。

nice and ~の後に名詞が続く場合は、andを省くと、米語ネイティブが言っています。

ただ、nice, juicy steakのように、niceとjuicyの間をカンマで区切ると、ナイスでジューシーなステーキのように聞こえるので、nice juicy steakのように、niceとjuicyの間はコンマで区切るべきではないという意見もあります。

I’m comma-happy, in general, but I don’t think it’s needed there in AE.

You’re not saying it was a nice steak, you’re saying the juiciness was nice (at a pleasing level).

私は、概して、コンマ好きですが、米語では、そこにコンマは必要だとは思いません。あなたがナイスなステーキだったと言っているのではなく、ジューシーさが申し分なかった(満足のいく水準)ことを言っているので。

-happyは、a money-happy person = 金の亡者、a trigger-happy cop = やたらと銃を撃ちたがる警官のような意味合いがあります。その他にもtrigger-happyには、攻撃的な、やたらと批判的な等の意味合いもあります。

今日のイディオム、nice and = nicely

スポンサーリンク