all said and done, all is said and doneの意味・用法

when all is said and done = 結局のところ、何と言っても、最後には、after all is said and done = 曲がりなりにも、結局のところ、とどのつまり、どうあろうと、といった意味なのだが、all is said and doneは、どういう意味になるのか、これが問題で、直訳すれば、全てが語られやり尽くされたとなるので、

all is said and done = all said and done = ~が(完全に)終わる、程度の訳でいいだろう。

“I do think it’s premature and I did see some very low-quality stocks lead the move up,” he said. “It seemed to me more machine-driven and not really capitulation-driven, so again I think more time is required before the ultimate shakeout is all said and done.”

The chart reader who called this stock-market selloff says it’s not over yet

“私は、火曜の反発がまだ時期尚早だと思うし、一部の屑低位株がきっかけになって、上昇基調になるのを目の当たりにもしている。私には、その動きが、売り方の買い戻しなどではなく、アルゴ主導であるように見えたので、セリクラを迎えるのは、まだかなり先だとも思っています。”

before the ultimate shakeout is all said and doneは、最終的な暴落(selling climax)が終わる前、セリング・クライマックスが完全に終わるまで、と言ったような意味。セリクラは、総悲観状態を言い、相場の格言に、総悲観は買いというのがあり、投機には落ちてくるナイフを拾う勇気が必要だと言うこと。

capitulation = 降伏、つまり、市場で降伏するという意味で、買い方なら絶望的な投げ売り、売り方なら絶望的な買い戻しを意味する。買い方が投げさせられるや、売り方が踏み上げられる場面では、株価は急反落、急反発するが、今回のNYSEの下げは、こんなもんでは済まないだろうと言っていて、下手をすれば、22000ドル台まで下げて、株価調整が終わるだろうと予想している。ダウが22000ドルレベルまで下がれば、日経は15000円割れも視野に入れておくべきだろうが、しかし、あくまでも、この人が言うようなレベルまで、ダウが下がればの話で、現段階でその可能性はないともあるとも言えない。

イディオム、all said and doneは、全てが終わる、完全終了で、When it is all said and doneのような使われ方をすれば、全てが(完全に)終われば、最後には、結局のところ、

“I don’t think she did anything intentionally and I can say this: when this is all said and done, there’s gonna be a lot of red faces,”

Mother of murder victim blames detective charged with misconduct

“私は、彼女が意図的に何かをやったとは思っていないし、言えることは、全てのことが明らかになった暁には(最後には)、多くの人間が赤っ恥をかくことになるだろうということだ。”

I don’t think she did anything intentionallyは、彼女は故意に何もしていないと思っているとも訳せる。

when this is all said and doneのthisは、これから行われる裁判のこと。裁判で全てが明らかになればという意味で、最後にはとも訳せる。つまり、最後に笑うのは、私のクライアントだと言っている。

スポンサーリンク