周囲の人々を豊かにする人間が本当に豊かな人間である

He is the rich man in whom the people are rich, and he is the poor man in whom the people are poor; and how to give access to the masterpieces of art and nature is the problem of civilisation. – Emerson

Ralph Waldo Emerson (ラルフ・ワルド・エマーソン)のこの名言は、人を豊かにする人間が、本当に豊かな人間であるということを言っている。in whom the people are rich = the people are rich in himで、人々はその人にあって豊かだ、つまり、人々を豊かにする人が豊かな人間と言っている。逆に、人々を貧しくする人間は貧しい人間だと言っている。これは物質論ではなく、精神論を唱えていて、周囲を搾取して巨万の富を築くことの愚かさを諭している。そして、いかにして、全ての人々に、平等に、人や自然の最高傑作に接する機会を与えるかが、現代社会が抱える問題だと訴えている。珠玉の芸術作品は、人の創作意欲を掻き立てることができるし、美しい風景は、芸術的感性を鼓舞できる。しかし、そういった人を感動させる物に接するには、経済的な余裕が無いとできない。天体望遠鏡が買えなければ、星の観察はできない。

エマーソンの時代は、War of 1812が終わり、アメリカの成長期にあって、貧富の差、つまり、持つ者と持たざる者の差が拡大していた。持たざる者の中には奴隷が含まれる時代でもあった。金持ちには周囲を豊かにするという義務があり、富を蓄積して周りに撒かない人間は、精神的貧困と糾弾した。周囲が貧困化していく過程で、1人だけが富を蓄積していれば、それは成功とは言わず、搾取と言うべきで、本来そういう人間は徹底的に糾弾されるべきなのだ。社会的成功の尺度は、個人の財ではなく、その人間の周囲の人間達の豊かさで測られるべきである。例えば、社長だけが金持ちで、社員が貧乏な会社は、社長が社員を搾取している守銭奴と言え、その社長は貧しい、あるいは可哀想な人間だということだ。

経済が悪化するのは、一部の人間達が金を溜め込みすぎるからで、それは、金という血液の循環が阻害されることにより、周囲の細胞が破壊されることに似ている。政府・中央銀行の役目は、血液の流れを阻害している血栓を取り除くことで、輸血することではない。つまり、富の強制再配分である。金の使い方を知らない強欲な人間に代わって、政府が生きた金の使い方をすることが本来の趣旨だったが、今は、貧しい人間から強制的に徴収した金を、一部の貪欲な人間たちにばら撒くという、本末転倒の有様になっている。

かつての日本は、物質的には非常に貧しかったが精神的には豊かだった。そのことが、日本を短期間の内に世界第二位の経済大国に押し上げたと言えよう。しかし、現在は、一部の日本人は、物質的には世界屈指の豊かさを謳歌しているが、精神的には貧困の極地にあると言える。人類の過去において、この精神的貧困が招いた数多の悲劇を、我々は決して忘れてはならない。

スポンサーリンク