He that by the plough would thrive(額に汗して働く者は潤う)

He that by the plough would thrive, Himself should either hold or drive.

鋤で田畑を耕す者は繁栄する。しかし、自分で鋤を持つか、自分で牛を駆る必要がある。

これは、Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)の格言だ。by the plough = (田畑などを)すきでたがやす(耕作する)、ploughは英語だが、米語だとby the plowになる。ploughという英単語には、除雪車という意味もあるので、by the ploughで、除雪車で(に)という意味にもなる。除雪車を表わすsnowplow(snow plow)という英単語もある。plowには、すきや除雪車、田畑を耕す、雪かきする、以外にも、金を使う、(設備)投資するや熱心に働く、plow through a crowdで、人混みをかき分けて進むのような意味がある。

Himself should either hold or driveは、自分で(牛用)の鋤を持つか、引っ張たり鞭で打ったりして牛を駆るかという意味で、田畑を耕すには2人必要なことを意味するが、牛が十分に大きい場合は、1人で鋤を持ちながら牛を駆ることができるということだ。そういえば、大草原の小さな家で、ローラが、1人で鋤を持ちながら牛を駆るシーンを見たような記憶がある。2人必要なことを1人でやれば、人件費が浮くので、より繁栄すること間違いなしだ。大開拓時代のfarmer(農民)は、本当に大変だったんだろうなぁと思われる。

この格言の意味すること、労働は自分でやる必要があるということで、誰も自分がやるべき仕事はしてはくれないということだ。額に汗して働かざるして繁栄はないのは、古今東西変わらない。と言いたいところなのだが、実際には、idle rich(有閑階級)が存在するわけで、労働せずに大枚が転がり込んでくる不労所得者の存在は、資本主義の癌であり、全ての人間は平等が原則の民主主義国家には不似合いだ。全ての人間が平等に額に汗して働くべきだからだ。有閑階級の存在は、この何もしない怠け者達の代わりにほぼ無償で労働させられている奴隷階級の存在を示唆している。現代版の奴隷制度である。

Nothing in this world is of any worth, which has not labour and toil as its price.

この世で、労働と労苦を代償としないもので価値のあるものなど何もない。

労働者達の命がけの血と汗の結晶を、楽して金儲けすることしか考えられない怠け者が搾取することが許される社会は異常だ。小賢しい人間が増え過ぎれば、労働そのものが価値のないものに成り下がる。額に汗して真面目に働く人間だけが潤う社会になるべきなのだ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク