shout-out Wednesdayとは一体何なのか?その意味を考察する

shout-out Wednesdayをググっても日本語の意味は出てきません。shout-outは挨拶や大声で叫ぶという意味なので、そこから推察すれば、大声で叫ぶ水曜日という意味になりそうなのですが、それでは何のことだか良く分からないので、今回は、このshout-out Wednesdayというイディオムを調べてみました。

スポンサーリンク

shout-out Wednesdayの意味

この記事”Donald Trump boasts about his ‘very, very large brain’ – and China respects this“を見ていたら、”US President Donald Trump gave a shout-out Wednesday to “the leading authority on China,”sparking a flurry of Google searches as viewers raced to identify him.”という一節があって、この中の”shout-out Wednesday”が今回の考察の対象になります。

shout-outは、urbandictionary.comによると、A public expression of thanks or gratitude(公の場での感謝や感謝の気持ちの表明)や挨拶のことなので、これにWednesdayが付くことに何か意味があるのか?ということになります。この感謝の気持ちを相手に表明したのが、たまたま水曜日だったからWednesdayが後ろに付いただけなのか、今度はそこのところについて詳しく調べてみます。

ググってみると、やはり、水曜日にshout-outするのがshout-out Wednesdayの意味であるらしいことが判明しました。つまり、水曜日にトランプ大統領が中国に関する権威者に感謝の意を伝えた、のような意味になるようです。

スポンサーリンク

捕捉:記事の意味を考察する

この中国関連の権威者によると、中国の指導者達は、トランプ大統領を称して、「ニクソン以来の有能な大統領」と言っているそうです。さらに、トランプ大統領は、”playing three-dimensional chess”「3次元チェスをプレイしている」と氏の優秀さを表現しています。トランプ大統領が3次元チェスをプレイしていることは、3年前から一部のメディアで伝えられていますが、今では100次元チェスをプレイしているとまで言われているほどまで誇張されています。常人には全く考えも及ばないゲームをプレイしているということのようです。難攻不落と言われていたBush-Clinton dynastyをあっさりと破壊してしまったトランプ大統領だけに、常人とは全く違う次元でチェスをプレイしていることだけは間違いないだろうと思われます。天才と狂人は紙一重、あるいは、天才と狂人は表裏一体(Genius and insanity are two sides of the same coin)とはよく言ったものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする