11月の米中間選挙で共和党は上院で議席を51→58に増やす

俺の緻密な計算の結果、11月の中間選挙で共和党は現在の51議席から7議席増やして58議席になる。上院はもはやRINOに気を使う必要がなくなるので、トランプ大統領の独壇場になるだろう。これで下院で過半数を維持できれば、トランプ政権は、少なくとも、2021年の1月までは超安泰だ。2020年の大統領選でもトランプ大統領はまず再選すると思われるので、問題は、2020年、議会で過半数を維持できるかどうかだ。両院で過半数割れした場合、トランプ大統領は、議会を経由せずに、大統領令と連邦最高裁を使って、トランプ革命を推し進めていくことになるが、予算は下院が鍵を握っているので、最終的には予算が付かずに何もできなくなる可能性がある。

何れにしても、上院で共和党が大きく議席を増やすのは確実だ。一部のリベラル達は、テキサス州でテッド・クルーズ議員が敗北するといった夢物語を語っているが、クルーズ議員が負けることは100%有り得ない。まぁ、リベラルは、ヒラリー・クリントンがテキサス州で勝てるかもしれないとか言っていた本物のアホ集団だから仕方ないんだけどね。もし、クリントン陣営が、アリゾナ、ジョージア、テキサスで浪費した金と時間を、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアで使っていたら、ヒラリーが大統領だったことは言うまでもあるまい。

スポンサーリンク