英語ネイティブは何故thanをthatやthenと綴り違いするのか?

アメリカ人が最も犯しやすいミススペルは、thanをthenと書いてしまうことだと言われています。ちなみに、多くのアメリカ人が、アスク(ask)をアクスと誤って発音してしまうことも指摘されています。スペリングミスは、英文和訳で最も頭を悩まされる問題の1つなので、文の校正は非常に重要だと言えます。

スポンサーリンク

thanをthatとミススペル

このチュートリアルに以下のような一節があります。

The simplest way to discern between these would be to use a threshold, so that only edges stronger that a certain value would be preserved

これを訳すのは不可能です。何故なら、thatはthanのミススペリングだからです。何気ない綴ミスが、時として悲劇を生むことがあります。英語が得意な人であれば、このようなミススペルには簡単に気付くことができますが、英語が苦手な人、あるいは、頭の回転が異常に遅い人には、こういった簡単なスペルミスを見抜くのは簡単なことではありません。アメリカ人が非常によくやるthenとthanの混同なら簡単に見抜けるのですが、thatとthanのミススペルは気付くのに時間がかかる時が多々あります。

スポンサーリンク

問題の英文を訳してみる

上の英文は、thanとthatのつづりミスにさえ気付くことができれば、非常に簡単に訳すことができます、「これらの(両者の)違いを見分ける最も簡単な方法はしきい値を用いることで、特定の値以上の強いエッジだけが保持されるようになります。」

ここで注意すべき点は、so thatの前にカンマがあるので、このso thatが結果用法になるということです。カンマが無い場合は以下のように目的用法で訳出できます。
「これらの違いを見分ける最も簡単な方法は、特定の値よりも強いエッジだけが保持されるようにしきい値を使用することだろう。」

スポンサーリンク
スポンサーリンク