1995年〜2017年の日米独中印ドル建てGDPをPythonを使って比較

アメリカ、中国、日本、ドイツ、インドの1995年〜2017年のGDPを比較して、日本の悲惨さを改めて浮き彫りにしてみる。来年で失われた25年になるが、日本は、来年以降、フンコロガシが後生大事にうんこを抱えながら坂道を転げ落ちるように、転落・没落・滅亡への速度を一気に加速させていくので乞うご期待だ。

スポンサーリンク

GDP比較

import wbdata
import datetime
import pandas
import matplotlib.pyplot as plt
plt.rcParams['figure.figsize'] = 15, 10
plt.rcParams["font.size"] = "22"

countries = ["JPN","USA","CHN","DEU","IND"]
dates = (datetime.datetime(1995,1,1), datetime.datetime(2018,1,1))
df = wbdata.get_dataframe({'NY.GDP.MKTP.CD': 'GDP'}, country=countries, data_date=dates)
df=df.unstack(level=0)
df.plot();
plt.legend(loc='best');
plt.title("GDP Comparison");
plt.xlabel('Date'); plt.ylabel('GDP in current US dollars');

アメリカのGDP成長率も驚異的だが、中国のGDP成長率が怪物過ぎるので、中国と比べるとかなり見劣りする。その一方で日本は1995年〜2017年でGDPがマイナス成長である。あまりにも惨め過ぎるとしか言えないだろう。ドイツは、1990年10月に、西ドイツがお荷物の東ドイツを抱え込む形で東西統合されたことで、新生ドイツは長い苦難の時代が続いた。さらに、2002年にマルクからユーロに切り替わり、リーマン・ショック後のECBによる大規模金融緩和やPIIGS問題などでユーロ安が続いたことで、ドイツのGDPはかなり伸び悩んでいる。

何故ここまで差がついたのか

df.head()
GDP
country China Germany India Japan United States
date
1995 7.345479e+11 2.591620e+12 3.554760e+11 5.449116e+12 7.664060e+12
1996 8.637467e+11 2.503665e+12 3.876560e+11 4.833713e+12 8.100201e+12
1997 9.616040e+11 2.218689e+12 4.103203e+11 4.414733e+12 8.608515e+12
1998 1.029043e+12 2.243226e+12 4.157309e+11 4.032510e+12 9.089168e+12
1999 1.093997e+12 2.199957e+12 4.527000e+11 4.562079e+12 9.660624e+12
df.tail()
GDP
country China Germany India Japan United States
date
2014 1.048237e+13 3.890607e+12 2.039127e+12 4.850414e+12 1.742761e+13
2015 1.106467e+13 3.375611e+12 2.102391e+12 4.394978e+12 1.812071e+13
2016 1.119099e+13 3.477796e+12 2.274230e+12 4.949273e+12 1.862448e+13
2017 1.223770e+13 3.677439e+12 2.600818e+12 4.872137e+12 1.939060e+13
2018 NaN NaN NaN NaN NaN

日本のGDPは、1995年に5.45兆ドルだったのが、2017年には4.87兆ドルにマイナス成長している。グダグダのドイツでさえ、1995年の2.59兆ドルから2017年の3.68兆ドルに増えているのにだ。日本のGDPが縮小する一方で、中国は17倍、インドは7.3倍、アメリカは2.5倍も拡大している。ドイツとインドに華麗に抜き去られる日も近いだろう。10年後には、いろんな国に追い抜かれて、政治も経済も4流国家に落ちぶれているはずだ。名実ともに後進国に成り下がっているというわけである。かつて、阪神タイガースの江本孟紀投手が、「ベンチがアホやから野球がでけへん」という名言を吐いたが、日本という国は、「官僚がアホやから政治がでけへん」と言えるだろう。日本の経済がここまでガタガタになったのは、官僚政治、もしくは、官僚天国(公務員天国)の成れの果てとも言えるが、まさに、公務員栄えて国滅ぶという愚の骨頂を、この国は地で行ったことになる。