植物性(野菜・果物・豆・魚介類)の食事を食べるのが心臓に良い

植物性(野菜・果物・豆・魚介類)の食事を食べることが心臓に非常に良いというのがこの記事”Plant-based diets can be effective in reducing heart failure risk“の結論となっている。要は人間は獣肉はあまり食べない方が良いということだ。世界五大健康食品である、日本の大豆、韓国のキムチ、インドのレンズ豆、ギリシャおヨーグルト、スペインのオリーブオイルを考えてみれば、ヨーグルト(乳製品)以外は全て植物性食品である。ベジタリアンは基本的に乳製品はOKなので、世界五大健康食品を食することができる。

Plant-based diets are associated with a lower risk of heart failure in adults without known heart disease, while Southern diets consisting of more fried and processed foods and sweetened drinks are associated with greater risk, according to a study published in the Journal of the American College of Cardiology that looked at the association between five dietary patterns and risk of heart failure.

植物を中心とした食事が心臓病既往歴の無い成人における心不全リスク低減に関連している一方で、揚げ物、加工食品、甘味飲料を多く含んだ米国南部の食事が心不全のリスクを有意に高めることを、米国心臓病学会誌に掲載された5つの食事パターンと心不全リスクの関連性に着目した研究が示唆している。

健康に良いとされるアボカド、ブロッコリー、ブルーベリー、バナナ、りんご、アーモンド、クルミ、ほうれん草、豆腐、納豆、椎茸、コリアンダー、ビーツ、紫芋、無農薬、無除草剤、無化学飼料で栽培された飼料を給餌された太陽光を大量に浴びた平飼いの安心安全な鳥の胸肉、ホルモン剤、抗生物質、消毒剤、重金属、放射性物質、マイクロプラスチック、PCBやダイオキシン等の化学物質で汚染されていない海域で養殖された安心安全な魚+五大健康食品を食べていれば健康を維持できるだろう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク