日本のせいでアベンジャーズ/エンドゲームはアバターに負けたらしい

Avengers: Endgame (アベンジャーズ/エンドゲーム)の興行収入がAvatar (アバター)を超えないのは日本のせいだ!という批判が一部の間で持ち上がっている。どういうことなのかエンドゲームの国別興収をグラフ化してみることにした。

スポンサーリンク

データの下準備

先ず、以下のサイトからアベンジャーズ・エンドゲームの国別興行収入データをダウンロードする。

import pandas as pd
import requests

df = pd.read_html(requests.get(\
 'https://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=marvel2019.htm').content)
df1 = df[6]
df2 = df1.drop([1,2,3,4,6], axis=1)
df2.columns = ['国名', '興行収入']
df3= df2.drop([0,2])
df3['興行収入'] = df3['興行収入'].str.replace('$','').str.replace(',','')
df3['興行収入'] = df3['興行収入'].apply(pd.to_numeric, errors="coerce").astype(int)
スポンサーリンク

エンドゲームの国別興行収入をプロットする

from matplotlib.pyplot import *
from matplotlib.font_manager import FontProperties
from matplotlib import rcParams
import matplotlib.patches as mpatches
style.use('ggplot')

rcParams["font.size"] = "25"
fp = FontProperties(fname='/usr/share/fonts/opentype/ipaexfont-gothic/ipaexg.ttf', size=54)
rcParams['font.family'] = fp.get_name()
fig, ax = subplots(figsize=(20,16))
df3[1:].set_index('国名').sort_values(by='興行収入',ascending=False).\
head(20).plot(kind='barh',ax=ax,width=.8,color='pink')

rc('xtick', labelsize=30)
rc('ytick', labelsize=35)
xticks(np.arange(0,6.6e8,1e8/2),
   ['{}億'.format(float(x/1e8)) if x > 0 else 0 for x in np.arange(0,6.6e8,1e8/2)]);
for j,i in enumerate(ax.patches):
    ax.text((i.get_width()+1e6 if int(i.get_width()) < 6e8 else i.get_width()-5e8),\
     i.get_y()+.15,'{:,}{:,}{:,}ドル'.format(int(str(i.get_width())[:-8]),\
       int(str(i.get_width())[-8:-4]),int(str(i.get_width())[-4:])) \
 if int(i.get_width()) > 1e8 else '{:,}{:,}ドル'.format(int(str\
  (i.get_width())[:-4]),int(str(i.get_width())[-4:])),fontsize=30, color='k');
xlabel('興行収入')
ax.patches[-11].set_facecolor('#aa3333');

世界第三位の経済大国の日本が興行収入第10位とはあまりにも情けない。日本が韓国並に興収を稼いでいたら、エンドゲームの世界興収はアバターを抜いて史上最高額に輝いていたことが、この記事 “Avengers Endgame vs Avatar: Marvel epic will fall short of James Cameron’s film, as race for number 1 ends in photo-finish” を見れば分かる。後4700万ドルで、エンドゲームはアバターを超えていたのである。G7メンバーのイタリアも日本並に酷いので、日本ばかりは責められないが、この2カ国については、もうちょっと何とかならなかったのかと思わずにはいられない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする