心理・真理一覧

NO IMAGE

女性の社会進出:女性が世帯の稼ぎ頭になることの社会的弊害

先進国や中興国に多く見られる少子化の原因は、適齢期年齢の男性の経済的な不安定性にあると指摘されています。アメリカでは、大学を卒業した男性達が、実家に戻って親と一緒に暮らす若者が増えていて、結婚どころではないと言われています。アメリカでは、黒人女性の非嫡出率が70%を越えているという衝撃的なデータがありますが、先進国では

記事を読む

NO IMAGE

ソーシャルメディアの世論形成者なる存在は所詮は受け売りでしかない

1ヶ月にわたる、30万アクティブユーザーのランダムサンプルのツイート追跡が、このソーシャル・メディアとソーシャルネットワーキングの際立つ一角が、ツイッターに対するポジティブな一般的な見方が、我々を信じさせているほど、公平でも民主的でもないことを浮き彫りにしています。事実、International Journal of

記事を読む

NO IMAGE

人は1人では生きられない:人は孤独過ぎると寂しさでおかしくなる

孤独感と社会からの孤立は、肥満よりも深刻な公衆衛生上の危険である可能性があり、その社会的インパクトは増大を続け、今後も増大し続けるだろうと、第125回アメリカ心理学会年次大会においてプレゼンされた研究が示唆しているみたいです。孤独はダメだし、社会からの孤立などはもってのほかです。何故なら、人はみな1人では生きていけない

記事を読む

NO IMAGE

ディールメーカー:ネゴ(交渉)上手になるにはどうすればいいのか?

人生はネゴ次第で、バラ色にも灰色にもなりますが、ネゴを有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか?ネゴ上手になれば、例えば、恋愛や買い物等の場面で、自分に好都合の結果を得ることができます。不細工でも美しい彼女を持てるかもしれないし、高い買い物も極限まで値引けます。全ては交渉次第(口八丁手八丁)だということのようです。

記事を読む

NO IMAGE

芸術に興味を示す高尚な人間が増えれば社会は良くなる

芸術とかかわりを持つことが、経済的・文化的・政治的分裂に、社会が対処するための助けになることが、ケント大学の心理学者達による新しい研究が示唆しています。リンカーン大学の研究者達も関わっている今回の研究は、芸術が、社会的な協調性を呼び起こして、それを維持することが可能な、重要な社会心理的触媒の機能を果たせる証拠を提供

記事を読む

NO IMAGE

自分が絶対に正しいと信念を曲げない人達はなぜそんなに頑ななのか?

独善的な人間というのは、自分達の信念を、例え、その道の専門家達が反論し、証拠が彼等の信念とは相反していたとしても、決して曲げようとはしません。ケースウエスタンリザーブ大学による新しい研究が、社会にますます蔓延してきているように思える、宗教や政治などの個人的な信条に関する、極端な物の見方(捉え方)を説明するのに役立つかも

記事を読む

NO IMAGE

エコ生活:ナッジ理論を使って人々を地球環境に優しい行動に導く

今夜、帰宅途中に、あなたは、夕食用の材料をいくつか買い揃えるために、スーパーマーケットに寄るかもしれません。もし、あなたが、他の多くの買い物客と同じだとしたら、セルフサービスレジで品物をスキャンして、決済前に、薄いグレーのレジ袋の中に、買った物を急いで詰め込むでしょう。家に帰ると、スーパーで買った物は、早速レジ袋から

記事を読む

NO IMAGE

ジアゼパム(バリウム)等の抗不安薬が社会的競争力を高めてくれる

心理学者達、ある特定の状況において生じる不安を指す、状態不安と、個人の全般的な人格の一部としての不安を指す、特性不安の、2つの形態の不安についての話をします。いくつかある研究が、重度の特性不安は、個人の社会との関わりの中での、競争能力を著しく損なう可能性があるので、酷く不安な個人を、社会的に不利な立場に追いやり、その事

記事を読む

NO IMAGE

幸せになりたかったら寛容で優しい親切な人間になればいいらしい

寛容さは、たとえ、ほんの少しだけ寛大であるだけでも、人を幸福にします。自己の利益だけを考えて行動する人々は、あまり幸せではありませ。ただ単に、もっと親切になると約束するだけのことが、私たちをより幸せに感じさせる、脳の変化を引き起こすには十分です。このことは、チューリッヒ大学の神経経済学者が、最新の研究で発見した事です。

記事を読む

NO IMAGE

車のクラクションは何故あのような人の神経を逆撫でする音なのか?

音は人の生活の一部になっています。すなわち、人間は、生まれてから天に召されるまでの長い間(人による)、多種多様な音にさらされ続けているということで、人の聴覚系は、一説によると、推定40万種類もの莫大な量の音を聞き分けて分類できると言われています。特に人の注意を引くのが騒音で、たまにトラウマになるくらいの酷い騒音に遭遇

記事を読む

Page 1 of 7
1 2 3 7
スポンサーリンク