政治一覧

NO IMAGE

気候変動、トランプは疑似科学を信奉している?

トランプ氏が地球の温暖化、あるいは、気候変動に対して、非常に懐疑的な事は世界中の人々が熟知しています。多くの保守派達は、地球の温暖化は、仮に存在したとしてもそれはただの自然のサイクルなので、ビジネスに深刻なダメージを与える経済活動を自粛する必要など全く無いと言っています。彼等にはビジネスが第一のようです。

記事を読む

NO IMAGE

ロシアンコネクション、国務長官にレックス・ティラーソン氏?

トランプ氏が、次期国務長官にエクソンモービルのレックス・ティラーソン最高経営責任者を指名したっぽいです。今回の人事は、トランプ氏のプーチン氏への熱い意思表示だと言われています。トランプ氏のプーチン氏への恩返しとも言われていますが、あまりにも露骨過ぎるので、かなり問題視されそうです。

記事を読む

NO IMAGE

ギングリッチ、ペイリン、ジュリアーニがハブられた?

トランプ政権移行チームの間で、権力争いが勃発している事は前回お伝えしましたが、その争いが増々深刻化しているようです。ジュリアーニ氏が、次期国務長官のポストを巡るレースから撤退したことで、政権移行チームの力のバランスが、共和党主流派にかなり傾いていると危惧されています。トランプファンはかなりオコ状態です。

記事を読む

NO IMAGE

イヴァンカさんが日本企業と商談成立させていた!

安倍ちゃんがトランプ氏と会談している間に、イヴァンカさんが、2年間交渉中だった日本企業との商談を成立させていたらしいと、リベラルメディアが言っています。大した問題じゃないと思いますが、リベラルメディアはトランプファミリーがやる事全てが気に入らないみたいで、あらゆる事に難癖をつけています。

記事を読む

NO IMAGE

正義、常識、トランプ氏が目指すアメリカとは何なのか?

例えば、ルーズベルト大統領は、日本やドイツに比べれば、ソ連の方がなんぼかましやろと考えたように、実際は日本よりもソ連の方がはるかに問題国家であったにもかかわらずにです、トランプ氏も、EUよりもロシアの方がまだましと考えているきらいがあり、EUがリベラル過ぎるのが、トランプ氏には気に入らないみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ政権:穏健派と保守派の戦いが始まった!?

トランプ政権の次期内閣人事を巡って激しい戦いが繰り広げられています。国務長官を誰にするのか?という問題が、保守派と穏健派の間に亀裂を生じさせていると伝えられています。ロムニー氏が国務長官に任命された場合、保守層からの反発は避けられないだろうと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領誕生で、ずばりアメリカはこう変わる!

トランプ氏がアメリカをどう変えようとしているのかは、セッションズ氏、バノン氏、フリン氏、ポンピオ氏の抜擢で推し量れます。氏は米国民をテロリストの魔の手から本気で守るつもりで、不法移民に泣かされてきた多くの自国民を救済する気満々です。公約のアメリカンファースト、アメリカファーストを律儀に守ろうとしています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏の愛娘のイヴァンカさんが駐日大使!?

こんな阿呆な戯言を抜かしている無知蒙昧がいるようですが、なわけねーだろ!の一声で終わりです。Fake Newsの一種でしょうが、イヴァンカさんはトランプ氏がこの世で最も信頼を置いている人間なので、自分の傍に置いておくに決まっています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏の義理の息子が政権を仕切る!?

トランプ政権移行作業チームを取り仕切っていたクリス・クリスティー・ニュージャージ州知事と彼の息の掛かったチームメンバー全てがパージされてしまいましたが、それを指示したのが、トランプ氏の愛娘イヴァンカさんの夫のジャレッド・クシュナー氏だったと言われています。

記事を読む

Page 5 of 12
1 3 4 5 6 7 12
スポンサーリンク