自然科学一覧

NO IMAGE

絶縁体の2次元六方晶窒化ホウ素(h-BN)を半導体に変える

少量のフッ素が、ホワイトグラフェンとして知られている絶縁セラミックを、磁気的性質を帯びたワイドギャップ半導体に変化させます。ライス大学研究員は、それが、劣悪な環境で使えるエレクトロニクスに適したユニークな素材を作り出すかもしれないと言っています。ライス大学研究員による概念実証論文が、ホワイトグラフェンの別名でも知られて

記事を読む

NO IMAGE

ビスマスを使った新素材がスピントロニクスを可能にする

室温で、端は導電性、内部は絶縁体という性質を持つ、将来有望な新しい極薄物質を、ヴュルツブルク大学の物理学者達が、開発に成功しています。位相絶縁体(トポロジカル絶縁体)区分のその物質は、現在、国際的な固体研究の注目の的になっています。この種の物質は、電子が原子との強い結合を維持し続けているので、内部が電気的に絶縁して

記事を読む

NO IMAGE

超伝導キュービット(量子ビット)で作った量子マクスウェルの悪魔

先駆的な研究が、物理学における有名な思考実験である、Maxwell's Demon (マクスウェルの悪魔) の心の内部の仕組みについて、非常に興味深い見解を提供しています。エクセター大学のDr Janet Anders(ジャネット・アンダース博士)を含む、国際的な研究チームは、超伝導回路を使って、その悪魔に命を吹き込ん

記事を読む

NO IMAGE

シュレディンガーの猫と量子ゼノ効果(反ゼノ効果)の微妙な関係

放射性原子が崩壊して、放射線を放出すると作動する、猫虐待機構を持つ箱の中に閉じ込められた、シュレーディンガーの猫の事は誰もが知っています。猫の様子を見ようとして、箱の中を覗き見る行為が、スーパーポジション(重ね合わせ)状態から、猫の様子を明確にしている状態に至る、その状態に関しての数学的記述である、原子の波動関数を壊し

記事を読む

NO IMAGE

CRISPR(クリスパー)ゲノム編集が想定外の突然変異を引き起こす!

CRISPR-Cas9(クリスパーキャス9)が臨床試験段階に入り始めている折、Nature Methods誌に掲載された新しい研究が、遺伝子編集技術が、ゲノム中で想定外の数百もの突然変異を誘導する可能があることを見つけ出しています。遺伝子編集の安全性は賛否両論で、マッドサイエンティストなんかが何をしでかすか分からない

記事を読む

NO IMAGE

RNA切断タンパク質DROSHAとその新分析法fCLIP-seq

人体を形作っている一つ一つの細胞は、その時々の状況に応じて遺伝子の発現の有無を決定している、洗練されたメカニズムのオーケストラによって生み出されています。部分的には、この細胞発生メカニズムのためのオーケストラは、マイクロRNA(miRNAs)のような、何種類かのRNAの連携作業のおかげで可能になっています。

記事を読む

NO IMAGE

アナターゼ二酸化チタンがエキシトニクスの未来を切り開く

二酸化チタン(TiO2)は、昨今、光起電力技術と光触媒作用分野における、最も有望な材料の一つになっています。この物質の数ある結晶構造の中でも、特に魅力的な構造が、anatase(アナターゼ)と呼ばれれています。アナターゼ二酸化チタンにおける、数十年に渡る、吸収した光を電荷に変換するための研究にもかかわらず、その物質の

記事を読む

NO IMAGE

分子が放射線損傷から自身を保護する仕組み

細胞内の遺伝子情報を持つ分子が危険にさらされた場合、潜在的な破壊と突然変異に対する防衛手段を持っています。例えば、DNAが紫外線に照射される...

記事を読む

NO IMAGE

αスズ(灰色スズ)がトポロジカルディラック半金属特性を発現!

一般的に灰色スズと呼ばれているαスズが、その結晶構造に負荷をかけられると、トポロジカルディラック半金属(TDSs)と呼ばれる非常にまれな新しいクラスの3次元物質に特有な、新奇な電子祖を発現するいう驚くべき発見をしています。現在までに、TDS材は、2013年に発見されたばかりのを含め、たったの2つしか知られていません。

記事を読む

NO IMAGE

夢の酸化還元グラフェントランジスタがいよいよ現実に!?

ノースカロライナ州立大学の研究者は、プラスに帯電した(p型)還元型酸化グラフェン(rGO)をマイナスに帯電した(n型)rGOに変換して、電子機器で利用可能なrGOベースのトランジスタ開発に使うことができる積層材料を作るための技術の開発に成功しています。”グラフェンは、非常に導電性が良いのですが、半導体ではありません。

記事を読む

Page 1 of 22
1 2 3 22
スポンサーリンク