自然科学一覧

NO IMAGE

STEDを越えるSTEDD(誘導放出二重抑制)ナノ顕微鏡法!

光学顕微鏡は、生命科学分野で広く使われています。特に、生体細胞をできるだけ非侵襲的に観察するのに使われていますが、従来型光学顕微鏡の解像度は、光の半波長(約200nm)に制限されるため、最高解像度の細胞構造画像はぼやけてしまいます。これまでに、回折限界を克服して最高解像度画像を実現するための様々なナノ顕微鏡法が開発され

記事を読む

NO IMAGE

世界初!熱駆動トランジスタ

リンショーピング大学有機エレクトロニクス研究所のDan Zhao氏とSimone Fabiano氏は、熱電気有機トランジスタを作り出しました。たった1度の温度上昇でも、トランジスタ中に検知可能な電流変調を十分起こすことができます。研究結果は、Nature Communications誌に掲載されています。

記事を読む

NO IMAGE

高速高感度で温度変化を感知する人工皮膚を開発!

カリフォルニア工科大学(Caltech)とチューリッヒ工科大学の工学者チームが、pit vipers (マムシ) が獲物の体温を感知する事を可能にしている器官によって使われている物と同じ機構を使って、温度変化を検知する能力を持った人工皮膚を開発しています。

記事を読む

NO IMAGE

カイラル量子光学:光コンピュータと量子コンピュータの未来

最近、驚くべき物理的影響が、特殊な微視的光導波路を使って観測されています。そういったフォトニック構造は、現在、オプティクスとフォトニクスの分野で革命をもたらしていて、カイラル量子光学のための新しい研究領域を開拓しています。光は伝播する方向と直角(横断)に振動しています。しかし、専門家達の間では

記事を読む

NO IMAGE

オンチップブラックホール?チップ上に人工ブラックホールを実現

理論物理学者のチームが、電子チップ上でブラックホールをシミュレートする方法を提唱しています。加えて、この研究室製ブラックホール作成用技術が、量子技術用にも転用できる可能性があります。チリ大学、Cedenna、アイントホーフェン工科大学、ユトレヒト大学、FOMの研究者達は、彼等の研究結果を

記事を読む

NO IMAGE

室温超伝導の夢が遂に実現!?金属水素が実現される!!

理論化されてからほぼ1世紀、ハーバード大学科学者達は、最もレアで恐らく地球上に存在する物質の中で最も価値がある物の1つを作り出すことに成功しました。その物質、原子状金属水素は、自然科学部のThomas D. Cabot Professorであるアイザック・シルヴェラ教授とポスドク特別研究員のランガ・ディアス氏によって

記事を読む

NO IMAGE

イッテルビウム原子鎖にレーザーと磁場で作られた時間結晶

もし、結晶が、ダイヤモンドの炭素格子のような、空間的に繰り返す原子構造を持つなら、時間的に繰り返す構造を何故持てないのか?つまり、時間結晶?先週Physical Review Letters 誌にオンライン掲載された研究論文の中で、カリフォルニア大学バークレー校物理学助教授が、まさにそういった結晶の性質作って測定する

記事を読む

NO IMAGE

ポーラロン状態を利用したペロブスカイト酸化物系太陽電池!

研究者の学際的チームは、全く新しい種類の太陽電池のための土台を築いています。この新しい手法では、赤外線が、従来型の太陽電池に見られるものとは異なるメカニズムをを使って、電気エネルギーに変換されています。その機構は、電子励起と結晶格子の振動が組み合わさった所謂ポーラロン励起に依拠する鉱物ペロブスカイト製

記事を読む

NO IMAGE

世界初!トロイダル磁石を使った暗黒物質の探索

韓国基礎科学研究院(IBS)のCenter for Axion and Precision Physics Research (CAPP)の科学者達が、axion(アクシオン)と呼ばれるダークマター(暗黒物質)の1つの構成要素の可能性のある粒子を探索するためいくつかの磁石の特性を最適化しています。

記事を読む

NO IMAGE

化学修飾した磁鉄鉱で作った可視光光触媒で常温水電解水素製造

最初の磁針を作るのに採掘された鉱物magnetite(磁鉄鉱)は、北と南を感知することで、曇っていたり、暗い大気条件や水面下でもしっかり進めるように、渡り鳥と他の動物達によっても作られています。科学者チームは、可視太陽光を捕らえてこの光エネルギーを電流に変換するためにマグネタイトを改質しています。

記事を読む

Page 5 of 23
1 3 4 5 6 7 23