オバマ一覧

NO IMAGE

トランプ効果:トランプ政権が人類に最悪の事態を招く

トランプ政権が人類に未曾有の災いをもたらすだろうと、多くの科学者が激しく警告しています。もちろん、地球の温暖化の事を言っているのですが、多くの保守派が地球の温暖化に人間は一切関与していないと信じている、あるいは、寒いより暖かい方がいいと言っている人もいるので、トランプ政権下で温暖化は急ピッチに進みそうです。

記事を読む

NO IMAGE

反トランプデモ、トランプ氏は何故そこまで嫌われるのか?

反トランプデモが全米各地で繰り広げられ、徐々に勢いが増しているように思われます。彼らの言い分は、ヒラリー・クリントン氏がドナルド・トランプ氏よりも200万~250万票も多く得票するので、トランプ氏は大統領になるべきではないし、なる資質すら持ち合わせていないということみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

世界大恐慌:トランプ氏は本当にフーバー大統領なのか?

トランプ氏は以前からフーバー大統領に擬えられていましたが、もし、トランプ氏が、本当にフーバー大統領だとしたら、世界大恐慌が起こります。トランプ氏が大統領になろうがなるまいが、来年世界の株価は大暴落するだろうと予想されていました。トランプ大統領誕生でその確率がさらに高まったと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

史上最低レベルの戦いだったトランプvsクリントン

ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏の戦いはまさにrace to the bottomで、近年稀に見る酷い選挙戦だったようです。クリントン氏の得票数は最終的に2012年のオバマ大統領のそれより500万票!も少なく、トランプ氏に至っては、史上最弱のマケイン/ペイリンチケット以下の得票率と言われています。

記事を読む

NO IMAGE

慢心、環境の違い、ヒラリー氏は何故敗れたのか?

最終的にヒラリー・クリントン氏は10ポイント近い差をつけて、ドナルド・トランプ氏に圧勝すると見られていました。フロリダ州やノースカロライナ州どころか、アリゾナ州やジョージア州もヒラリー氏が取るだろうと予想していた識者もいたほどです。それが蓋を開けてみれば、クリントン氏の敗北という大どんでん返しです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏はやはりクリントン家のトロイの木馬だった!

トランプ氏の敗因はただ一つで、そしてそれは、アメリカという国の末期的な状態をも暗示してもいます。トランプ氏が、ラテン系不法移民を侮辱し続けたのが、氏の敗因なのは言うまでもありませんが、それは、ラテン系アメリカ人に媚びる事無しに、アメリカ大統領にはなれないという事を意味しています。

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙:トランプvsクリントン勝敗の行方

トランプ氏とマダム・セクレタリー・クリントン(クリントン元国務長官)の熾烈な争いが繰り広げられていますが、勝敗の行方は全く分かりません。クリントン女史優勢の声が多いような気もしますが、全く当てになりません。今回の選挙は事前調査も参考にならないと言われているので、勝負は蓋を開けるまで誰にも分かりません。

記事を読む

NO IMAGE

BREXIT、トランプ大統領、どうなる日本、どうする政府・日銀

まさかのBREXITで月曜日はどうなってしまうんでしょうか。そうこう言っている間に、為替も戻してきているので、それ程大した事にはなりそうにないような気もしてきました。麻生財務相も余裕のノーコメントだし、

記事を読む

NO IMAGE

beg the question, beg to differ, go begging, beg off 意味

TOEIC、高校、大学、センター試験の受験に役立つ英語シリーズとして、今日はイディオム beg the question, beg to differ, go begging, beg off について少し調べてみようかと思います。おまけとして、Beggars can't be choosers.

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙 サンダースの生命線は失業者の政治献金!?

アメリカ大統領選挙、共和党は既にトランプが代表候補の座を勝ち取っているのですが、一方の民主党の方はと言うと、バーニー・サンダースが早々に、7月25日~28日にフィラデルフィアで開催される民主党党大会における"contested convention"を宣言しているので、民主党員の多くが1968年の再来を懸念しています。

記事を読む

Page 4 of 6
1 2 3 4 5 6
スポンサーリンク