ダイエット一覧

NO IMAGE

悪玉白色脂肪を善玉褐色脂肪に変換して肥満や糖尿病を予防・治療する

人の体内には、悪い脂肪(悪玉脂肪)と良い脂肪(善玉脂肪)が存在します。善玉脂肪が、カロリーを消費する働きをする一方で、悪玉脂肪の方はというと、カロリーをため込んで、体重増加や肥満をもたらしています。今回、ワシントン大学セントルイス校医学部による新しい研究が、悪玉白色脂肪を善玉褐色脂肪に変換する方法を、少なくとも、ネズミ

記事を読む

NO IMAGE

ダイエット:お腹の脂肪が更年期以降の女性のがんリスクを増大させる

マドリッドで開催された、ESMO 2017 Congress(欧州臨床腫瘍学会学術集会2017)でプレゼンされた研究によると、胴の体脂肪分布は、更年期以降の女性の癌リスクに関して言えば、体重以上に重要とのことです。本知見は、腹部に脂肪がつきやすい、この年齢群の女性達の体重管理優先順位に新たな解釈を加えていると

記事を読む

NO IMAGE

オリーブオイルやクルミ等のナッツ類を摂取すると頭が良くなる

栄養素は認知能力とリンクしていますが、研究者達は、そのリンクの根底にあるものを特定することはできませんでした。イリノイ大学の研究者達による新しい研究が、オリーブオイル、ナッツ、アボカドに含まれている栄養成分の一種である一価不飽和脂肪酸が、一般的知能にリンクしていて、この関係が、MUFAと脳の注意ネットワーク構成の関係

記事を読む

NO IMAGE

チョコレートやココアの大量摂取が2型糖尿病の予防と治療に効果的!

もし、チョコレートを食べることで糖尿病の予防と治療に役立つとしたらどうでしょうか?頭おかしいの?と一笑に付されるのがオチでしょう。しかし、ブリガムヤング大学の研究者達が、ココアに含まれるある種の物質が、実際に、人体がより多くのインスリンを放出して、血糖値上昇にもっとうまく応答させることを発見しています。

記事を読む

NO IMAGE

腸内細菌叢・腸・脳軸が精神疾患と密接に関係している

消化管微生物叢のさらに深い理解が、精神科医が、うつ病などの、精神病性障害を治療するのに役立つ可能性があることを、Frontiers in Psychiatry誌に掲載されたレビューが明らかにしています。精神医学的な見解では、うつ病の根本原因は、まだ完全には分かっていないし、うつ病は、一部のケースで治療が困難なままです。

記事を読む

NO IMAGE

唐辛子成分カプサイシノイド(カプサイシン)摂取が究極のダイエット法

唐辛子に含まれるカプサイシンが、禿に効く、癌を予防する、ダイエットに効果的、代謝率を高めるとか、以前からその夢のような効能について色々と言われていますが、今回、唐辛子の成分が、実際にダイエット効果があるということを証明しています。唐辛子を食すと、体が熱くなるので、体内で何かが燃焼しているなという気になります。今の季節

記事を読む

NO IMAGE

人工甘味料は本当に肥満、糖尿病、心臓病のリスクを高めるのか?

人工甘味料が、長期的な体重増加と肥満、糖尿病、高血圧、心臓病に対するリスク増加に関連している可能性があることを、CMAJ (Canadian Medical Association Journal)に掲載された新しい研究が示唆しています。近年、アスパルテーム、スクラロース、ステビア等の人工甘味料の摂取が、広範囲に

記事を読む

NO IMAGE

インスリン点鼻薬が肥満を解消して2型糖尿病を予防してくれる

摂食行動と主観的空腹感は、多種多様なホルモンによって調節されています。ここでの重要な役割は、体内のみならず、脳においても活発な働きをしている、ホルモン・インスリンによって演じられています。インスリンが、恒常性を維持している領域(視床下部)に影響を与えていることは、かなり以前から知られていました。しかしながら、科学者達は

記事を読む

NO IMAGE

空腹時血漿グルコース・インスリン値がダイエット成功の決定因子

コペンハーゲン大学、コロラド大学、タフツ大学、CIBEROBN、Gelesisの研究者達が、血糖値 (血糖グルコース値)及び/もしくは、空腹時インスリン値が、個人の適切なダイエットを選択する目的で、特に前糖尿病と糖尿病を患う人々に対して、使われるべきであることを実証している新たなデータを提示しています。多種多様な栄養

記事を読む

NO IMAGE

夜食(夜遅い食事)が肥満、心臓病、糖尿病のリスクを増大させる

新しい研究結果が、深夜の食事が、考えられている以上に危険な可能性がある事を示唆しています。ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院の研究者達の発見によると、それよりも前に食べる事と比べ、食事が遅れるほど、体重、インスリン値、コレステロール値が増加し、脂肪代謝、心臓病や糖尿病、他の疾患に関わるホルモン指標に悪影響を与えると

記事を読む

Page 1 of 4
1 2 3 4
スポンサーリンク