ダイエット一覧

NO IMAGE

低グルテンダイエットがⅡ型糖尿病のリスクを増加させる!

米国心臓協会の疫病・予防/ライフスタイル・心血管代謝健康2017学術会議でプレゼンされた研究によると、グルテン摂取量を増やすことが、Ⅱ型糖尿病発症リスクの減少と関係している可能性があるとの事です。小麦、ライ麦、大麦に含まれる蛋白質グルテンは、焼き工程で弾力性を完成品に腰の強い質感をパンや他の焼き菓子に与えています。

記事を読む

NO IMAGE

レスベラトロールが老化による運動・認知機能劣化を遅らせる!?

研究者は、赤ブドウ皮や赤ワイン、Ⅱ型糖尿病治療によく処方される薬、メトホルミンに含まれる化合物レスベラトロールが、低カロリーダイエットや運動の多くの神経保護効果を持つ事を発見しました。The Journals of Gerontology, Series A: Biological Sciences and

記事を読む

NO IMAGE

心臓の健康を最適化するための食事療法処方せんが発表される

FACC(米国心臓病学会フェロー)、非営利団体の責任ある医療への医者の委員会の代表であり創始者でもある、栄養学研究者ニール・バーナード博士は、Journal of the American College of Cardiology 誌の2017年3月7日号

記事を読む

NO IMAGE

心臓の健康維持は心臓にヘルシーな食事を摂るのが一番!

研究者達は、Journal of the American College of Cardiology誌に掲載された新しいレビューの中で、心臓病を減少させるための一番良い食事パターンについてのあいまいな状態に切り込む意図で、数々の栄養学研究を分析しました。今回の総評は、今ある論拠が、多くの果物、野菜、全粒粉、豆類

記事を読む

NO IMAGE

プレバイオティクス食品が睡眠改善とストレス解消に役立つ!

ここ数年、研究論文の多量の文書が、発酵食品や栄養補助食品に含まれる善玉菌、体に良い働きをする細菌の健康効果に光を当てています。現在、コロラド大学ボルダー校によるその種で初めての研究で、科学者達は、腸内善玉菌の餌であるプレバイオティクスと呼ばれている、あまり知られていない消化管健康プロモーターが、睡眠を向上させたり

記事を読む

NO IMAGE

【悲報】2型糖尿病の原因?バターはやっぱり体に悪い?

現在、一般人口用食事指針は、植物ベースダイエット(豆類、全粒粉シリアル、果物、野菜と木の実類に富んだ)と低動物系食品(赤肉やペストリーのような)にシフトしています。植物ベースの食事が健康的で、環境にも優しいことを示唆する証拠が増え続けています。国際的研究チームが、総・各種脂肪摂取量と2型糖尿病リスク間の関連性を評価し

記事を読む

NO IMAGE

グルテンフリーダイエットがヒ素や水銀等有害金属リスクを増す!

かつてカドミウムに汚染された米が原因で、イタイイタイ病という4大公害病の1つが発生した訳ですが、どうも米が健康を害する可能性があるみたいな感じです。日本でも 怪しいお米セシウムさんなんていう洒落にならない風評被害がありましたが、新しい研究で、米は有害金属を吸収しやすいので、あまり食べない方が良いと結論付けられています。

記事を読む

NO IMAGE

さつま芋ペプチドがダイエットに良いらしい

sweet potato peptide (スイートポテトペプチド、サツマイモペプチド:SPP)が、ダイエットに有効な事がネズミを使った実験で証明されたみたいです。あくまでも鼠を使った実験なので、それがそのまま人間に当てはまるかは分からないっぽいですが、さつま芋は体に良いので食べた方が良い事だけは確かです。

記事を読む

NO IMAGE

寝る子は痩せる、ダイエットには十分なREM睡眠!

寝不足が健康を害することは周知の事実ですが、REM睡眠不足はダイエットには大敵なようです。REM(Rapid Eye Movement:急速眼球運動)睡眠は、記憶形成にも重要な役割を果てしているらしいので、これが不足すると色々やばいみたいな感じです。一般的には、夢見る睡眠と言われている楽しい睡眠です。

記事を読む

NO IMAGE

絶食は老化防止だけではなく癌予防にもなる!!

一時期絶食すると老化しにくくなると言われ、絶食ダイエットのようなものがかなり流行りましたが、絶食は癌予防にも効果的なようです。とは言っても、グルメな日本人に絶食は酷なような気もします。寿命は短くても美味しい物をたっぷり食べるか、あらゆる物を我慢して長生きするか、どちらを選ぶかはその人次第です。

記事を読む

Page 2 of 3
1 2 3
スポンサーリンク