ロシア一覧

NO IMAGE

トランプ政権が今後確実に迎えることになる3つの頭痛の種

トランプ政権で誰が実権を握っているのか?就任演説のほとんどをバノン氏が書いたと言われているように、スティーブ・バノン氏の影響が大きい事は確かなようです。問題の enhanced interrogation techniques(強化尋問テク)は、フリン氏が背後にいるらしいので、2人の影響が大きいと見られています。

記事を読む

NO IMAGE

CIA対トランプ、米ロ首脳会談、アメリカで今何が起きているのか?

アメリカ政治がかなりきな臭くなってきているようです。米諜報機関はトランプ次期大統領がロシアのエージェントなんじゃないかと疑っているという情報まで出てきています。トランプ氏も諜報機関が情報をリークしていると激怒していますが、両者の対立は今後も深刻化していくようだと、相当まずいことになると、多くの識者達が危惧しています。

記事を読む

NO IMAGE

陰謀論:トランプキャンペーンがロシアと共謀して選挙妨害をした!?

リンジー・グラハム氏が、トランプ氏のキャンペーンがロシアと共謀して選挙妨害をした可能性があることをFBIが捜査している可能性があることを示唆しました。これが何を意味するのか?答えは簡単で、トランプ大統領が将来的に罷免される可能性があるという事で、共和党超タカ派達(グラハム&マケイン)によるクーデターを意味しています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプマジック:プーチンロシアは何も悪くない!DNCが悪い!

トランプ氏は相変わらず頑なにプーチン氏を盲信していますが、多くのアメリカ人が、氏のこの行動にかなりの疑問を呈しています。一部の共和党超タカ派からだけではなく、氏を応援していた人達からさえも、疑問の声が上がり始めています。プーチン氏はアメリカの味方ではなく敵という見方が大勢を占める現状を変えることはできるのでしょうか?

記事を読む

NO IMAGE

2020年以降社会不安が世界的に増大し混沌とした世の中になる!

日欧米における格差社会は限界に達して来ていると言われて何年か経ちますが、その結果が、アメリカにおいては、サンダース革命だったのですが、バーニー・サンダースは予備選で敗れ、常識的政策と法と秩序尊守を謳ったトランプ氏が勝利しました。トランプ氏は格差社会の申し子みたいな存在ですが

記事を読む

NO IMAGE

アメリカの宿敵プーチンをトランプが大絶賛

2017年1月20日以降、この二人のタイタンによって人類滅亡か繁栄かが決定されます。脅しでも何でもなく、人類が全面核戦争によって滅びる可能性は確実に存在します。doomsday clock (終末時計)というのがあって、この時計が、二人の今後の行動次第で1秒前になる可能性があるという事で、恐怖の4年間です。

記事を読む

NO IMAGE

アレッポの悲劇はオバマ大統領のせいではない

2013年の段階で、オバマ大統領はシリア内戦に軍事介入すべきだったという、批判にも似た声が聞かれますが、オバマ大統領のシリア介入を躊躇させたのはプーチン氏だと言われています。あの段階でオバマ氏がアサド政権崩壊を目指して軍事介入していたら、間違いなく第三次世界大戦になっていたはずだという意見もあります。

記事を読む

NO IMAGE

五月の七日間:アメリカでクーデターの可能性!?

Seven Days in May(五月の七日間)は、1964年にアメリカで公開された映画で、ソ連とアメリカの軍縮協議を発端にクーデターが勃発するという内容みたいですが、見ていないのでよく分かりません。ただ、アメリカが近い将来、この映画と似たような状況に陥るのではないかと一部の間で実しやかに囁かれています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大ピンチ!?12.19の選挙人投票に暗雲

12月19日にトランプ氏がelectoral college270のマジックナンバーに到達しないのではないかという懸念が出てきています。仮に、不幸にしてトランプ氏がこの数字を割り込んでしまった場合、大統領選挙の行方は、議会(下院)で決定される事になります。

記事を読む

NO IMAGE

3人のギャング、ルビオ、マケイン、グラハム

1000万人以上の不法滞在者達に最終的に市民権を与えるいう、Gang of Eight bill あるいは、comprehensive immigration reform (CIR) bill (包括的移民改革法案)は、共和党のカリスマ、ラッシュ・リンボー氏等の努力によって闇に葬られました。

記事を読む

Page 3 of 6
1 2 3 4 5 6
スポンサーリンク