健康一覧

NO IMAGE

血小板活性化に対するブドウ糖代謝の役割と糖尿病とリウマチの関係

アイオワ大学の研究者達による新しい研究が、凝固能を持った血中細胞の血小板が、自身のグルコース代謝能力に大きく依存していることが、この度明らかになりました。Cell Reportsに掲載され、動脈硬化症・血栓症・血管生物学(ATVB)に掲載された関連論文でも公表されている今回の発見が、糖尿病患者の血栓症(血管内部にできる

記事を読む

NO IMAGE

緑茶の成分カテキン(EGCG)が肥満・糖尿病・認知症を予防してくれる

The FASEB Journalにオンライン掲載された、ネズミを使った研究が、緑茶に含まれる最も豊富なカテキンで生物活性成分の、EGCG(epigallocatechin-3-gallate、エピガロカテキン-3-ガレート)が、高脂肪・高フルクトース(high-fat and high-fructose, HFFD)

記事を読む

NO IMAGE

寝不足はダイエットの大敵!睡眠不足は肥満や糖尿病の危険因子

新しい研究が、睡眠不足の英国人成人が、体重超過、肥満、さらに、より劣悪な代謝健康状態に陥りやすいことを示しています。本発見は、1日平均6時間睡眠の人々が、1日9時間の睡眠を取っている人達より胴回りが3cm太く、睡眠が短いほどデブる事を見い出しています。今回の研究成果は、不十分な睡眠が、国民保険サービスが直面している

記事を読む

NO IMAGE

あの目に超良いルテインには認知症予防(ボケ防止)効果もある

身体的健康に気を遣う人達のお気に入りのほうれん草とケールが、認知機能維持にも効果的かもしれないことが、イリノイ大学の研究者達による新しい研究が示唆しています。25歳~45歳の成人60人を含む今回の研究が、ほうれん草やケールなどの緑葉野菜、アボカドや卵等に含まれる栄養素である、ルテインの濃度がより高い中高年参加者たちが

記事を読む

NO IMAGE

クルミが腸内細菌の善玉菌を増やして胃腸の健康を維持してくれる

新しい動物研究による結果が、くるみの摂取が、腸内の善玉菌を増やすことで、消化管の健康に良い可能性があることを示唆しています。クルミは、消化器官を健康に保つ細菌に養分を与えて増殖を促す、プレバイオティックとしての役目を果す事で、これを実現しています。今回の研究の中で、研究者達は、胡桃を含む食餌が、腸内細菌の多様性に対して

記事を読む

NO IMAGE

経済格差(所得不均衡)が大きいと女性の健康に深刻に影響する

Journal of Public Health誌に最近発表された論文が、所得格差が大きい地域に居住している女性達が、同じ地域に住む男性たちに比べ、総合的な推奨身体活動量を満たす傾向が低いことを示唆しています。経済活動が、女性の身体活動に影響を与えているらしいのですが、男女間でのこの差は何なのかが、非常に気になる研究

記事を読む

NO IMAGE

運動は体力・脳力増進とアルツハイマー病等の認知症予防になる

多くの研究が、運動が、高齢期の認知機能障害、認知症の予防になる可能性があることを見い出しています。今回、ゲーテ大学フランクフルトの研究者達は、運動が脳代謝に影響を与える仕組みに関する、世界初となる研究の1つで詳しく調べています。運動が脳に与えるプラスの影響についての現状知識をさらに深めるために、ゲーテ大学フランクフルト

記事を読む

NO IMAGE

癌細胞識別能を有したマクロファージを使った画期的癌療法

癌治療が非常に困難な理由の1つは、人体による探知を癌が回避することです。免疫系エージェントは、細胞表面の、それらの所属を示す化学信号を常にチェックしているのですが、がん細胞は、正常な細胞と同じ化学シグナルを発現します。免疫機構が、その両者の違いを見分ける術がないことには、癌の進行を阻止することは、ほとんど不可能です。

記事を読む

NO IMAGE

タンパク質折り畳み疲労による小胞体ストレス応答と病気の関係

スクリーニングツールによって得られる情報、すぐに利用できる治療法、薬剤開発のための可能な手段は、情報に基づいた臨床的な研究と臨床試験のデザインの土台です。2017年8月号のSLAS DISCOVERY(以前のthe Journal of Biomolecular Screening)に掲載されている新しいレビューの中で

記事を読む

NO IMAGE

人工甘味料は本当に肥満、糖尿病、心臓病のリスクを高めるのか?

人工甘味料が、長期的な体重増加と肥満、糖尿病、高血圧、心臓病に対するリスク増加に関連している可能性があることを、CMAJ (Canadian Medical Association Journal)に掲載された新しい研究が示唆しています。近年、アスパルテーム、スクラロース、ステビア等の人工甘味料の摂取が、広範囲に

記事を読む

Page 2 of 35
1 2 3 4 35
スポンサーリンク