共和党一覧

NO IMAGE

Texit(テグジット)テキサス州がアメリカ合衆国から分離独立!?

Grexit(グレグジット)以来、何たらグジットという造語が流行っているみたいですが、今度はTexitという言葉が注目を浴びています。以前からある造語ですが、今回のBrexitに続けとばかりに、その可能性が現実味を帯びてきているようです。

記事を読む

NO IMAGE

BREXIT、トランプ大統領、どうなる日本、どうする政府・日銀

まさかのBREXITで月曜日はどうなってしまうんでしょうか。そうこう言っている間に、為替も戻してきているので、それ程大した事にはなりそうにないような気もしてきました。麻生財務相も余裕のノーコメントだし、

記事を読む

NO IMAGE

beg the question, beg to differ, go begging, beg off 意味

TOEIC、高校、大学、センター試験の受験に役立つ英語シリーズとして、今日はイディオム beg the question, beg to differ, go begging, beg off について少し調べてみようかと思います。おまけとして、Beggars can't be choosers.

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙 サンダースの生命線は失業者の政治献金!?

アメリカ大統領選挙、共和党は既にトランプが代表候補の座を勝ち取っているのですが、一方の民主党の方はと言うと、バーニー・サンダースが早々に、7月25日~28日にフィラデルフィアで開催される民主党党大会における"contested convention"を宣言しているので、民主党員の多くが1968年の再来を懸念しています。

記事を読む

NO IMAGE

sympathy シンパシー empathy エンパシー compassion 意味 違い

今日は3つの英単語、sympathy (シンパシー), empathy (エンパシー), compassion (コンパッション) の意味と違いについて調べて行くつもりでいます。どれも似たような意味を持つ単語なので、どの単語を使うかは個人の好みの問題じゃないの?

記事を読む

NO IMAGE

共産主義 社会主義 Bernie Sanders バーニー サンダース

ここに来てサンダース支持者の言動がかなり過激になってきている。民主党にとって危険な兆候が出始めていると先行きを危惧する声が高まっている。何故なら1968年のカオス的な党大会が再現されるのではないかと今から憂慮されているからだ。

記事を読む

NO IMAGE

【悲報】トランプ大統領 ペイリン副大統領【日本終了】

ドナルド・トランプの副大統領は誰なのか?これが今のアメリカ政治の最大の関心事と言えるだろう。ヒラリー・クリントンの副大統領候補は、ジュリアン・カストロ、エリザベス・ウォーレン、シェロッド・ブラウン、ティム・ケイン、コーリー・ブッカーの5人を最有力候補として多くの民主党員達が予想している。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ勝利→世界大恐慌→第三次世界大戦 歴史は繰り返す?

多くの民主党員達がトランプを共和党大統領候補にするために、open primary statesで挙ってトランプに投票した。ドナルド・トランプという、ほとんどのアメリカ人女性が生理的に受け付けない欠陥人間を大統領候補に祭り上げることで、11月の大統領選挙でのヒラリー勝利を確実なものにするためであった。

記事を読む

NO IMAGE

大統領選挙 クルーズ撤退 サンダース勝利 トランプ革命

ドナルド・トランプのインディアナ州予備選挙での圧勝を受けて、遂にここまで粘りに粘ったテッド・クルーズがレースからの撤退を表明した。これにより、トランプの共和党大統領候補指名選挙における勝利が確定した。トランプ vs クリントン、誰も想像すらしていなかった戦いが今始まろとしている。

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙 トランプ、クルーズ、クリントン、サンダース

トランプとクルーズ、何故ここまで差がついてしまったのか?クルーズの戦略的失敗は確かにあった。トランプ人気を見くびっていたのが最大の誤算だが、トランプは所詮は Clown (道化師)だと誰もが心のどこかで確信していたはずだし、少なくとも彼の熱烈な支持者以外はそう思っていたはずだ。

記事を読む

Page 6 of 10
1 4 5 6 7 8 10
スポンサーリンク