心理一覧

NO IMAGE

モラルとは、理性的であることが道徳的なのか?

自然淘汰による進化論は、擁護派の論拠が、論理的な推論と科学的な証拠によって裏付けられているのに対し、否定派は根拠が全くなく、特定の信仰の正当性に疑問が投げかけられている、数例ある社会的論争の一つです。特定の宗教的観点からは、進化論は受け入れられないし、宗教より科学な人は進化論を簡単に受け入れられます。

記事を読む

NO IMAGE

怒りをコントロールできない従業員は会社のためにならない

自分が人を雇う時、こいつやばそうだな、と思う人間を雇うような事は絶対にしないはずですが、何故か多くの企業がそのような人間を大量に雇用してしまっています。社長自らがやばそうな企業は別として、何故そのような人間を雇ってしまうのでしょうか?人事や面接担当者に人を見る目がないとしか言えません。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏は善か悪か?ドナルド・トランプ氏と悪の問題

多くの民主党寄りのアメリカ人が、トランプ氏があたかも悪魔でもあるかのように、忌避していますが、トランプ氏は間違いなく悪ではないです。善か悪かと問われれば、善でも悪でもなく、ほとんどの人間がそうであるように、人間である、としか答えようがありません。人間は善と悪のどちらにもなれますが、悪になりやすいです。

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ次期大統領、トランプ氏から学ぶ人生成功の哲学

トランプ氏が大統領に当選できたのは奇跡どころの話ではありません。宝くじバラ10枚買ってそれが全部1等当選するみたいな確率です。トランプ氏は、あしたのジョーの主人公の矢吹丈のように、不可能を可能にする男と言えます。

記事を読む

NO IMAGE

人が見て見ぬふりをするのは仕返しが怖いから

誰だって仕返しは怖いです。いじめの原理も、その根本は、仕返しが怖いという心理的恐怖にあります。ビビリな性格な人は、一倍仕返しを恐れるあまり、それが正常な人間関係の構築を阻害したり、ニート・ひきこもりの原因にもなってしまっています。世の中怖いもの知らずもいますが、そういう人間が全てを仕切ってもいます。

記事を読む

NO IMAGE

孤独、人が一人でいるのはまじで精神的にやばい

Psychological Science誌に掲載された新しい研究によると、人間は自分を気にかけてくれる近しい人の存在を知ることで、自分が社会的につながっていると実感する手段として、物を擬人化する傾向に歯止めをかけることができるということです。

記事を読む

NO IMAGE

何故人は超常現象や非合理な物を信じてしまうのか?

予知・予言の類の超常現象、超能力、超心理学を信じるかどうかは、人間の能力をどこまで過信できるかにかかっています。人間の脳のパワーは凄いというのは多くの人が認めるところでしょうが、かと言って、全ての人間が凄いわけではありません。本当に脳力が凄い人間は全体の0.001%程度です。

記事を読む

NO IMAGE

嫌な出来事をいつまでも気にするのは体に良くない

生きていれば、嫌なことの100や200はあるものです。少なくとも数千を遥かに超える胸糞悪い経験をほとんどの人がしているはずです。特に日本のように、陰湿、陰険、性悪、腹黒な人間が異常に多い国だと、嫌な経験は数十万に達する可能性さえあります。

記事を読む

NO IMAGE

IQが低いと右寄りな差別主義者になりやすい?

IQが低いとracist(人種差別主義者)になる傾向があると言われて久しいですが、本当にそんな相関関係があるのでしょうか?差別は自分よりも劣ると思われる人間に対する蔑視ですが、逆に劣っている人間が自分を高めるための手段にもなっています。相手を貶めることで優越感を感じるわけです。

記事を読む

NO IMAGE

心理:ユング、synchronicity(シンクロニシティ)

synchronicity(シンクロニシティ)は、同時発生、共時性という意味ですが、精神科医で心理療法家のCarl Jung(カール・ユング)によって提唱された定義においては、当然、心理学的、あるいは超心理学的な意味合いが含まれていて、例えば、夢で見た事が現実に起これば、それをシンクロニシティと言うらしく

記事を読む

Page 5 of 7
1 3 4 5 6 7
スポンサーリンク