移民一覧

NO IMAGE

深刻化する若年貧困層問題、若者の外出離れがかなりやばいらしい

金がなければ外出しないわけで、何故なら、外出すると何だかんだでいらん出費をしてしまうからです。金があれば海外旅行や温泉旅行だって行くだろうし、外食やデートもするだろうし、あるいは、ドライブにだって行きたいはずです。若者の~離れは全て若者が貧乏になったせいと言い切る人が多いですが、その通りだと言わざるを得ません。

記事を読む

NO IMAGE

豊かな国のはずの日本の貧困は何故なくならないのか?

貧困は何故なくならないのか?人間社会が弱肉強食なら、弱っちーひ弱なもやし野郎は速攻淘汰されますが、そういう最弱な人間でも富裕層になれ、偉そうな顔をしていられるのが今の人間社会です。それは対外的にはアメリカの核の傘下で、国内的には警察力で、そういった力が弱い人間でも、いっぱしに生きていけるようにしているわけです。

記事を読む

NO IMAGE

個人消費拡大にはいろいろやる必要がある

個人消費が伸びないのは人口が減っているから仕方ないという声をよく聞きます。特に子供の数が激減しているのがあまりにも痛すぎるといった悲観的な意見も多く、個人消費は外国人旅行客に頑張ってもらうしかないのかもしれません。外国人客の消費を現在の2千万人3兆円から、1億人30兆円に増やす取り組みがあるようです。

記事を読む

NO IMAGE

ネトウヨとサヨ、政治理念は何故変え難いのか?

右翼、左翼、中道と言われているように、政治信条は個人によって全く違います。この違いはどこから生じるのでしょうか?もちろん、親の影響が大きいのですが、それだけではなく、個人的な経験によって政治的なポジションが決まるとも言われています。例えば移民受け入れの場合、ウヨは反対で、サヨは賛成と、非常に分かりやすいです。

記事を読む

NO IMAGE

3人のギャング、ルビオ、マケイン、グラハム

1000万人以上の不法滞在者達に最終的に市民権を与えるいう、Gang of Eight bill あるいは、comprehensive immigration reform (CIR) bill (包括的移民改革法案)は、共和党のカリスマ、ラッシュ・リンボー氏等の努力によって闇に葬られました。

記事を読む

NO IMAGE

ギングリッチ、ペイリン、ジュリアーニがハブられた?

トランプ政権移行チームの間で、権力争いが勃発している事は前回お伝えしましたが、その争いが増々深刻化しているようです。ジュリアーニ氏が、次期国務長官のポストを巡るレースから撤退したことで、政権移行チームの力のバランスが、共和党主流派にかなり傾いていると危惧されています。トランプファンはかなりオコ状態です。

記事を読む

NO IMAGE

正義、常識、トランプ氏が目指すアメリカとは何なのか?

例えば、ルーズベルト大統領は、日本やドイツに比べれば、ソ連の方がなんぼかましやろと考えたように、実際は日本よりもソ連の方がはるかに問題国家であったにもかかわらずにです、トランプ氏も、EUよりもロシアの方がまだましと考えているきらいがあり、EUがリベラル過ぎるのが、トランプ氏には気に入らないみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

モラルとは、理性的であることが道徳的なのか?

自然淘汰による進化論は、擁護派の論拠が、論理的な推論と科学的な証拠によって裏付けられているのに対し、否定派は根拠が全くなく、特定の信仰の正当性に疑問が投げかけられている、数例ある社会的論争の一つです。特定の宗教的観点からは、進化論は受け入れられないし、宗教より科学な人は進化論を簡単に受け入れられます。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領誕生で、ずばりアメリカはこう変わる!

トランプ氏がアメリカをどう変えようとしているのかは、セッションズ氏、バノン氏、フリン氏、ポンピオ氏の抜擢で推し量れます。氏は米国民をテロリストの魔の手から本気で守るつもりで、不法移民に泣かされてきた多くの自国民を救済する気満々です。公約のアメリカンファースト、アメリカファーストを律儀に守ろうとしています。

記事を読む

NO IMAGE

日本は移民政策を真剣に考える時に来ている

日本は移民を受け入れるか、没落への道を選ぶかの2択を迫られているとよく言われますが、個人的には、移民云々の前にワープア若年層の支援をすべきで、その気がゼロなら移民受け入れしかないと思っています。どっちもしない場合、2030年までにこの国は相当悲惨なことになっているだろうと悲観的な予想がなされています。

記事を読む

Page 3 of 6
1 2 3 4 5 6
スポンサーリンク