クリントン一覧

NO IMAGE

トランプ政権:穏健派と保守派の戦いが始まった!?

トランプ政権の次期内閣人事を巡って激しい戦いが繰り広げられています。国務長官を誰にするのか?という問題が、保守派と穏健派の間に亀裂を生じさせていると伝えられています。ロムニー氏が国務長官に任命された場合、保守層からの反発は避けられないだろうと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏の義理の息子が政権を仕切る!?

トランプ政権移行作業チームを取り仕切っていたクリス・クリスティー・ニュージャージ州知事と彼の息の掛かったチームメンバー全てがパージされてしまいましたが、それを指示したのが、トランプ氏の愛娘イヴァンカさんの夫のジャレッド・クシュナー氏だったと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

反トランプデモ、トランプ氏は何故そこまで嫌われるのか?

反トランプデモが全米各地で繰り広げられ、徐々に勢いが増しているように思われます。彼らの言い分は、ヒラリー・クリントン氏がドナルド・トランプ氏よりも200万~250万票も多く得票するので、トランプ氏は大統領になるべきではないし、なる資質すら持ち合わせていないということみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏は善か悪か?ドナルド・トランプ氏と悪の問題

多くの民主党寄りのアメリカ人が、トランプ氏があたかも悪魔でもあるかのように、忌避していますが、トランプ氏は間違いなく悪ではないです。善か悪かと問われれば、善でも悪でもなく、ほとんどの人間がそうであるように、人間である、としか答えようがありません。人間は善と悪のどちらにもなれますが、悪になりやすいです。

記事を読む

NO IMAGE

世界の命運を握るトランプ氏とプーチン氏の微妙な関係

今や一番の関心事は、トランプ氏とプーチン氏の関係が今後どうなるかで、二人の仲次第で、世界情勢は大きく変わってきます。今のところ、両者は関係修復に務める姿勢ではいるみたいですが、アメリカ軍関係者にトランプ氏と同じ考えを持つ人間はいないように思われます。

記事を読む

NO IMAGE

史上最低レベルの戦いだったトランプvsクリントン

ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏の戦いはまさにrace to the bottomで、近年稀に見る酷い選挙戦だったようです。クリントン氏の得票数は最終的に2012年のオバマ大統領のそれより500万票!も少なく、トランプ氏に至っては、史上最弱のマケイン/ペイリンチケット以下の得票率と言われています。

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ次期大統領、トランプ氏から学ぶ人生成功の哲学

トランプ氏が大統領に当選できたのは奇跡どころの話ではありません。宝くじバラ10枚買ってそれが全部1等当選するみたいな確率です。トランプ氏は、あしたのジョーの主人公の矢吹丈のように、不可能を可能にする男と言えます。

記事を読む

NO IMAGE

慢心、環境の違い、ヒラリー氏は何故敗れたのか?

最終的にヒラリー・クリントン氏は10ポイント近い差をつけて、ドナルド・トランプ氏に圧勝すると見られていました。フロリダ州やノースカロライナ州どころか、アリゾナ州やジョージア州もヒラリー氏が取るだろうと予想していた識者もいたほどです。それが蓋を開けてみれば、クリントン氏の敗北という大どんでん返しです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏はやはりクリントン家のトロイの木馬だった!

トランプ氏の敗因はただ一つで、そしてそれは、アメリカという国の末期的な状態をも暗示してもいます。トランプ氏が、ラテン系不法移民を侮辱し続けたのが、氏の敗因なのは言うまでもありませんが、それは、ラテン系アメリカ人に媚びる事無しに、アメリカ大統領にはなれないという事を意味しています。

記事を読む

Page 2 of 7
1 2 3 4 7
スポンサーリンク