トランプ一覧

NO IMAGE

【弾劾・罷免】トランプ政権は事実上終焉しているらしい【辞任】

special counsel(特別検索官)にRobert Mueller(ロバート・モラー)元FBI長官が任命されたことによって、トランプ大統領の命運も尽きたと噂されています。トランプ政権にとっては、致命的な出来事ですが、全ては司法長官のジェフ・セッションズ氏が、リベラルメディアや反トランプ陣営の猛烈なプレッシャーに

記事を読む

NO IMAGE

アベノミクスは大成功!最高に好景気らしいが実感のない人が多い

という人達が多いようです。日本人のトップ1%の超富裕層達の金融資産は大激増しているらしいのですが、貧困層は確実に激増しているとも言われています。2割の上級国民は、アベノミクスの恩恵を、これでもかというほど享受しているのでしょうが、その他大勢の8割の貧困層と貧困予備軍は、円安・株高・物価高の影響で生活が困窮していっている

記事を読む

NO IMAGE

アメリカによる北朝鮮攻撃はイラク戦争のように泥沼化する!?

ネット上では、アメリカが北朝鮮を攻撃した場合、世界中で北朝鮮工作員が行動に出ると言われていますが、本当にそうなったら大変なことになります。北朝鮮工作員によるテロ行為と言えば、1983年のラングーン事件、1987年の大韓航空機爆破事件が有名ですが、もし、戦争になった場合、こういった事が、日常茶飯事に世界中で起こるみたい

記事を読む

NO IMAGE

北朝鮮政権崩壊後の戦後処理で日本は相当の負担を強いられる

トランプ政権と中国の間で、北朝鮮政権交代後の戦後復興費用を、日本と韓国に分担させる密約が結ばれているという噂がありますが、恐らく、本当にそうなると思われます。戦後復興費用がなんぼになるかは分かりませんが、相当な額になることだけは確かなようです。アメリカと中国が美味しいところを全て掠め取る寸法のようです。日本は悲惨です。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領がアフガニスタンで実戦初となるMOABを使用!

アメリカが、通常兵器としては最強のMOAB(Mother of all bombs:核兵器並爆弾)を、実戦で初めて使用したと大騒ぎになっています。トランプ大統領らいしと言えばそれまでですが、これは確実に北朝鮮に対する警告でしょう。俺は普通じゃないから何をするか分からないぞ!という脅しに思えます。ブッシュですら、泥沼化

記事を読む

NO IMAGE

中国人民解放軍が北朝鮮に進駐する可能性があるらしい

北朝鮮が核実験をした場合、中国は北朝鮮に対して、かつて前例のない懲罰を加える可能性があるようです。しかし、70年代にベトナムで懲罰戦争を起こして、屈辱的な大惨敗を喫している中国人民解放軍だけに、今回も北朝鮮軍に足(元)をすくわれないように気を付けてもらいたいものです。これで、日本へのミサイル攻撃の可能性はかなり低く

記事を読む

NO IMAGE

シリア問題:マクマスター、ヘイリー、ティラーソン vs. トランプ、マティス

ティラーソン国務長官が、シリアの政権転覆を宣言し、ロシアに最後通牒を突き付けたアメリカですが、政権内部でかなり揉めているようです。そもそも、今回のシリアに対するミサイル攻撃は、イヴァンカさんの一存で決まったらしく、トランプ大統領は、イヴァンカさんに説得され、バノン氏の猛烈な反対を押し切って、攻撃を決定したみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

フェイクニュース?中国軍15万人が北朝鮮国境地帯に展開

多くのアメリカ人達がフェイクニュースだろうと一蹴していますが、中国軍が、アメリカの北朝鮮攻撃に備えて、北朝鮮との国境地帯に集結しているというニュースがあるみたいです。さらに、トランプ大統領が、既に、北朝鮮に対する攻撃作戦を立案するように指示を出しているという(フェイク?)ニュースもあり、近日中に何らかの動きがあるかも

記事を読む

NO IMAGE

リシアのアサド政権攻撃はトランプとプーチンの合作茶番劇!?

一部のリベラル達の間で、今回のトランプ政権によるシリアのアサド政権攻撃は、プーチンとトランプが企てた茶番だと言われています。トランプキャンペーンが、ロシアと共謀して選挙妨害をしたという疑惑を完全に払拭するためには、トランプ大統領が、プーチン・ロシアを攻撃する必要があると、一部のリベラルと民衆党下院議員が言っています。

記事を読む

NO IMAGE

アメリカは石油のための戦争を何度繰り返せば気が済むのか?

サウジのパペットのネオコン(例えば、マケイン氏)が、ロシアとの全面対決を声高に叫んでいるのは、サウジが原油価格の高騰を画策しているためだと指摘されています。そもそも、サウジアラビアは、対ロシア戦略の一環で、原油価格を下げる事に奔走したと言われていて、そのせいで、国の経済はすっかり疲弊、さらに現在、イエメンで、イランと

記事を読む

Page 2 of 17
1 2 3 4 17
スポンサーリンク