Pythonプログラミング:機械学習学習に数学力は必須・・・

機械学習学習に数学力は必須というのが、機械学習学習の最大のネックだろう。プログラミングにもある程度の数学力(高校レベル)は必須だが、機械学習学習の数学力は大学・大学院レベルのかなり高度なものが要求される。コードをコピペして遊ぶ程度なら数学力もプログラミング能力も必要ないが、真剣に学習しようと思うとかなり敷居が高い。

スタンフォード大学のCS231n: Convolutional Neural Networks for Visual Recognitionを使い学習しようと思うと、assignment 1でいきなり躓く。CS229:Machine Learningもいい教材ではあるとは思うが、宿題に使われる言語がPythonではなくMatlab(Octave)なので、パイソンプログラミングの学習ならCS231nということになる。

問題の宿題1は、自力で解くのは数学力がないと困難というか無理で、結局は、ネットで模範解答を検索するしかなかった。解答を見ても何でそうなるのかすら分からない。

コード:huyouare/CS231n
とりあえず、このcourse webには、PythonとNumpyのtutorialもあるし、lecture noteもかなり充実しているし、2017年の講義も見れるので、やる気さえあれば何とかなるだろう。

linear algebraの良質なオープンコースもMITが提供してくれているので、並行して学習すればかなりの学習効果が得られそうである。同時に、英語のリスニング力と読解力も高められるので一石二鳥と言えよう。いや、英語、Python、機械学習、数学の一石四鳥と言える。

参考サイトhttps://github.com/

スポンサーリンク