古代日本は考えられていた以上に国際的な国だった!

奈良時代の日本は渡来人も多く、国際的だったと教わった記憶があります。例えば、奈良の大仏を作ったのは実質渡来人と言われているし、少なくとも日本が対外的に閉鎖的だったという事はなかったのではないでしょうか。日本が閉鎖的になったのは秀吉の天下統一以降ではないかと思います。今の日本も閉鎖的と言われていますが、国は閉鎖的かもしれませんが、日本人も島国根性丸出しで閉鎖的です。英語もろくすっぽ喋れないし、まぁ、国際的とは程遠い人種であることだけは確実です。国際的な人間とは、人種とか一切関係なく、分け隔てなく諸外国の人達と接することができる人のことだと、私の留学時代の恩師がよく言っていました。全くそのとおりだと思います。

スポンサーリンク

古代日本は国際性豊か

Ancient Japan may have been far more cosmopolitan than previously thought, archaeologists said Wednesday, pointing to fresh evidence of a Persian official working in the former capital Nara more than 1,000 years ago.

「古代日本は以前に考えられていたよりもはるかに国際色豊かだった可能性があると、水曜日に考古学者が、1000年以上前の古都奈良で、ペルシャ人の役人が働いていたことの新たな証拠を指摘して言いました。」

国際性豊かだった奈良の都でペルシャ人公務員が働いていたそうです。

Present-day Iran and Japan were known to have had direct trade links since at least the 7th century, but new testing on a piece of wood—first discovered in the 1960s—suggest broader ties, the researchers said.

「現代のイランと日本は、少なくとも7世紀以来直接貿易関係を持っていたことが知られていますが、1960年代に初めて発見された木片に関する新しいテストがもっと広範な関係を示唆していると研究者は言いました。」

木片というか、木片みたいなもんですが、木簡というんだそうです。

The official worked at an academy where government officials were trained, said Akihiro Watanabe, a researcher at the Nara National Research Institute for Cultural Properties.

「その役人は政府高官を養成していた学士院で働いていたと、奈良文化財研究所の渡辺晃宏研究員は言った。」

そのアカデミーは大学寮だったようです。ペルシャ人は役人を養成する大学寮で宿直の仕事をしていたらしいのですが、何かしらの学問知識を持っていたことは確かなようで、それが公務員に任命された理由っぽいような感じです。

The official may have been teaching mathematics, Watanabe added, pointing to ancient Iran’s expertise in the subject.

「その役人は数学を教えていたかもしれないと、渡辺はその科目が古代イランの専門知識なことを挙げて付け加えた。」

奈良時代のペルシャ人数学教師とか、ロマンがありますね。

ペルシャ人公務員

“Although earlier studies have suggested there were exchanges with Persia as early as the 7th century, this is the first time a person as far away as Persia was known to have worked in Japan (during the period),” he said.

「初期の研究が早ければ7世紀でペルシャとやりとりがあったことを示唆していますが、遠くペルシャの人が(その時代に)日本で働いていたのが分かったのはこれが初めてです。」

日本は結構外国人を優遇していたらしいので、例えばあの戦国時代でさえも、信長が弥助を家臣に召し抱えたのはあまりにも有名だし、その他にも例は探せばあるでしょう。日本は伝統的に外国人に大して寛容な国であったことは確かです。

“And this suggests Nara was a cosmopolitan city where foreigners were treated equally.”

Nara was the capital of Japan from around 710 AD to around 784 AD before it was moved to Kyoto and later present-day Tokyo.

「”そしてこの事が、奈良が外国人が平等に扱われていた国際的な都市であったことを示唆しています。”、奈良は、それが京都とその後今の東京へ移される前は、紀元後約710年~784年前後まで日本の首都でした。」

何と美しい平城京と鶯泣くよ平安京ですね。平安京エイリアンなんていうゲームがありましたが、藤原京から平城京への遷都は色々言われていますが、平城京から長岡京への遷都はあまり知られていません。長岡京と言うと、知る人ぞ知るあの長岡京なんですが、人生とにかく色々あります。歴史が面白い理由でもあります。

古代ローマのコイン

The discovery comes after another team of researchers last month unearthed ancient Roman coins at the ruins of an old castle in Okinawa in southern Japan.

「その発見は、別のチームの研究者が先月、古代ローマのコインを日本南部の沖縄にある古城の遺跡で発掘したのに続きました。」

古代ローマ時代のコインが日本と言うか、かつての琉球王国で発見されたのは意外というか、不思議なことですね。沖縄の勝連城跡で発見されたらしいのですが、3~4世紀の古代ローマ帝国硬貨とみられる銅貨が4点出土したみたいです。

It was the first time coins from the once mighty empire have been discovered in Japan, thousands of kilometres from where they were likely minted.

「かつての巨大帝国由来のコインが、それらが鋳造されたと思われるところから何千キロメートルも離れた日本で発見されたのは初めてでした。」

こういう大きな発見が立て続けに起こるということは何かを暗示しているのかもしれません。それは移民・難民受け入れを示唆しているのかもしれませんし、日本人がもっと国際性を持つべきだということを訴えているのかもしれません。何てことはないと思いますが、イランとイタリアで何か起こる可能性が、何てこともないと思いますが、何れにしても、この機会に改めて歴史を勉強するのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする