全く新しい種類の超伝導体の発見に向けて

米エネルギー省のエイムズ研究所と提携機関の調査員が、最も新しい非従来型超伝導体ファミリー(鉄系化合物)の徹底した体系的調査を実施しました。今回の研究は科学界が独特な性質を持つ全く新しい種類の超伝導体を発見する助けになるかもしれません。その研究は、鉄系超伝導体群内の構成全体を作って調査するために、革新的結晶成長、高感度磁気測定、電子衝撃による制御された無秩序の導入を組み合わせました。彼等は、これら複合超電導体の鍵となる基本的性質(遷移温度と磁場侵入長)が、材料構造における、構成物と無秩序の程度である事を突き止めました。

スポンサーリンク

超伝導の鍵

Ames Laboratory scientists gain insight on mechanism of unconventional superconductivity

“This was a systematic approach to more fully understand the behavior of unconventional superconductors,” said Ruslan Prozorov, Ames Laboratory faculty scientist and professor in the Department of Physics and Astronomy at Iowa State University. “We found that some proposed models of unconventional superconductivity in these iron-based compounds were compatible with our results, and this study further limited the possible theoretical mechanisms of superconductivity.

「”これは、非従来型超伝導の振る舞いをもっと十分に理解するための、系統だったアプローチでした。”とエイムズ研究所の職員科学者であり、アイオワ州立大学物理天文学部の教授でもあるRuslan Prozorovは語った。”我々は、これら鉄ベースの複合物で、いくつか提案されている非従来型超電導体のモデルが、調査結果に適合し、この研究が、超伝導の可能な理論的メカニズムをさらに限定しました。”」

理論的に起こり得る超伝導機構がより限定的になったようです。

That information will also serve as a resource for future research into unconventional superconductors.

「また、その情報は、非従来型超電導体のさらなる研究のための貴重な情報資源として役立つのではないでしょうか。」

“This study fleshed out the knowledge of a class of materials more completely and in a way that will be helpful to the scientific community as they search for high temperature superconductors. Knowing how transition temperature is affected by composition, magnetic field and structural disorder gives science a better idea of where to dig–it contributes to the goal of discovery by design, creating materials that do exactly what we want them to do,” said Prozorov.

「”この研究は、より完全に、科学者達が高温超伝導体を探し出す助けになるように、材料の種類に関する知識の肉付けをしました。遷移温度がどのようにして、構成物や磁場や構造的無秩序によって影響されているのかを知ることは、どこに注意を傾けるべきかのより良いアイデアを科学的知識に加えています。それが、デザインによる発見で要求される性質を持つ材料を作り出す目標に貢献します。”」

科学者が望んだことを正確にこなせる非従来型超電導体を、デザインによって作り出せるようになる可能性があるようです。材料の成分比や磁場強度、無秩序性といったパラメーターをいじることで、そういった事が可能になるような感じです。人工知能と組み合わせれば作業が捗るのではないでしょうか。最終的にはドライアイスで冷却可能な超電導体が見つかるかもしれませんが、常温超電導(室温超電導)は、クプラートや鉄系超電導物質では不可能だと思われるので、コペルニクス的発想の転換求められています。常温常圧超伝導は、人間ではなく人工知能が達成する可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする