人工ウイルスがキラー細胞をそそのかして癌細胞を攻撃させる!

ジュネーブ大学(UNIGE)とバーゼル大学のスイス人科学者達は、癌を標的にするのに利用できる人工ウイルスを作り出すことに成功しました。こういったデザイナーウイルス達は、免疫系に警告を発して、腫瘍と戦う手助けをするために、キラー細胞を派遣するように仕向けます。Nature Communicationsに掲載された研究結果が、革新的癌療法の原理を説明しています。

ウイルスと癌細胞の扱いが違う

Designer viruses stimulate the immune system to fight cancer

Most cancer cells only provoke a limited reaction from the immune system – the body’s defense mechanism – and can thus grow without appreciable resistance. By contrast, viral infections cause the body to release alarm signals, stimulating the immune system to use all available means to fight the invader.

ほとんどの癌細胞は、人体の防御機構の免疫系から限定的な反応だけを引き起こす事で、猛烈な反撃に遭うこともなく、好き勝手に増殖し放題です。それに引き換え、ウイルスによる感染に対しては、人体は、侵入者を撃退するために、免疫系に最大限に刺激します。

防御を増強する

Immunotherapies have been successfully used to treat cancer for many years; they “disinhibit” the body’s defense system and so also strengthen its half-hearted fight against cancer cells. Stimulating the immune system to specifically and wholeheartedly combat cancer cells, however, has remained a distant goal. Researchers have now succeeded in manufacturing innovative designer viruses that could do exactly that. Their teams were lead by Professor Doron Merkler from the Department of Pathology and Immunology of the Faculty of Medicine, UNIGE, and Professor Daniel Pinschewer from the Department of Biomedicine, University of Basel.

免疫療法は、何年もの間、癌治療にうまく利用されてきています。それらは、人体の防御システムを脱抑制(足枷を外す事)させて、がん細胞に対する中途半端な攻撃を強化します。がん細胞だけを厳密に全力で攻撃するために免疫系を刺激することは、しかしながら、遠い目標のままになっています。研究者達は、現在、その目標を正確に達成可能な、革新的な人工ウイルスの製造に成功しています。彼らのチームは、UNIGE医学部病理学・免疫学科のドロン・マークラー教授と、バーゼル大学生物医学部のダニエル・ピンシェヴァー教授に率いられました。

リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス

The researchers built artificial viruses based on lymphocytic choriomeningitis virus (LCMV), which can infect both rodents and humans. Although they were not harmful for mice, they did release the alarm signals typical of viral infections. The virologists also integrated certain proteins into the virus that are otherwise found only in cancer cells. Infection with the designer virus enabled the immune system to recognize these cancer proteins as dangerous.

研究者達は、齧歯動物と人間の両方を感染可能な、リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス(LCMV)を基にした人工ウイルスを作り出しました。それらは、ネズミには無害なのですが、ウイルス感染に典型的な警告信号を発しました。ウイルス学者たちは、ウイルス中に、本来はがん細胞中だけに存在する特定のタンパク質を組み込みました。デザイナーウイルス感染が、この種の癌タンパク質を危険だと認識するように、免疫機構に働きかけます。

The unique combination of alarm signals and the cancer cell protein stimulated the immune system to create a powerful army of cytotoxic T-lymphocytes, also known as killer cells, which identified the cancer cells through their protein and successfully destroyed them.

アラームシグナルとがん細胞タンパク質のこの独特な組み合わせが、キラー細胞としても知られている、細胞傷害性Tリンパ球の精強な軍勢を作り出すように免疫機構を刺激して、それらの蛋白質によって癌細胞を特定して、それらをうまく破壊しています。