軍曹等の蜘蛛は年間約8億トンの昆虫(害虫)を捕食しているらしい

新しい研究が、世界中にいる蜘蛛が、毎年、実にどれくらいの量の獲物を捕食しているのかについてのいくつかの驚くべき見積もりを明らかにしていて、何と、4億トンから8億トンもの昆虫、トビムシ、他の無脊椎動物を捕食しているみたいです。その過程で、この8本足の肉食動物は、無数の害虫を、特に森林・草原地帯において抑制しています。これは、スプリンガーの専門雑誌The Science of Nature誌に掲載された、スイスのバーゼル大学のマーチン・ニッフェラー氏と、スウェーデンのルンド大学とドイツのブランデンブルク工科大学コットブス・ゼンフテンベルク校のクラウス・ビルクホーファー氏の研究結果によるものです。

地球上の蜘蛛の数

Spiders eat astronomical numbers of insects

65に及ぶ過去の研究からのデータを使って、ニッフェラー氏とビルクホーファー氏は、どれくらいの数の蜘蛛が、現在、地球上の7つの生態系に分布しているのかを、先ず最初に見積もっています。彼らの出した結論は、総計で、約2500万トン相当の蜘蛛が存在していて、ほとんどの蜘蛛が、森林、草原、灌木地に分布し、後に田畑、砂漠、都会、ツンドラ地帯が続きます。

The researchers then used two simple models to calculate how much prey all the world’s spiders as a whole kill per year. In their first approach, they took into account how much most spiders generally need to eat to survive, as well as census data on the average spider biomass per square meter in the various biomes. The second approach was based on prey capture observations in the field, combined with estimates of spider numbers per square meter. According to their extrapolations, 400 to 800 million tons of prey are being killed by spiders each year.

その後、その研究者達は、2つの単純モデルを使って、世界中の蜘蛛が全体として毎年どれくらいの獲物を捕食しているのかを計算しました。最初のアプローチで、彼らは、各種生態系における平方メートル毎の平均蜘蛛生物量に関する個体数調査資料に加えて、ほとんどの蜘蛛が生き延びるためにどれくらい食べる必要があるのかも同時に考慮に入れています。その次のアプローチは、野外での捕食観察と、平方メートル毎の蜘蛛の生息数推定値の組み合わせに基づいています。彼らの補外法によると、毎年、4億~8億トンの獲物が蜘蛛に捕食されています。

人類の魚肉消費量に匹敵

For a sense of just how much this is, take the following into account: all humans together consume an estimated 400 million tons of meat and fish annually. Whales feed on 280 to 500 million tons of seafood, while the world’s total seabird population eats an estimated 70 million tons of fish and other seafood.

これがどれくらいの量なのかを判断するために、以下の事を考慮に入れて下さい。全人類は合わせて、毎年推定4億トンの肉と魚を消費しています。クジラは、2.8億~5億トンの魚介類を餌にし、一方、世界の全ての海鳥集団は、推定7千万トンの魚介類を食しています。

さらなる計算によると、森林と草原のクモは、地球上の全てのクモの年間捕食の実に95%以上の割合を占めていて、その数字は、森林、草原、サバンナが、例えば、農耕地帯や都市部と比べて、それほど頻繁に人間によって妨害を受けることがなく、従って、より多くの蜘蛛生物量を可能にしているという現実を反映しています。

”こういった推定値は、多くの経済的に重要な害虫や病原媒介者が、そういった森林や草原生態系で繁殖しているので、蜘蛛の捕食が半自然や自然の生息環境で果たしている重要な役割を浮き彫りにしています。”と、筆頭著者のニッフェラー氏が言っています。

捕食者であり貴重な餌でもある

研究者達によると、スパイダーは、重要な捕食者であるだけではなく、貴重な餌のソースにもなっています。8000~10000の他の捕食者、捕食寄生生物、寄生動物が、蜘蛛だけを餌にしている一方で、蜘蛛は、同時に、推定3千~5千種の鳥類の重要な餌の一部になっています。

”我々は、こういった見積もりと、蜘蛛の特筆すべき重要性が、地球の食物網における、蜘蛛の重要な地球規模の役割に対する人々の意識と正しい認識レベルを向上させることを期待しています。”と、ニッフェラー氏は付け加えています。

蜘蛛は、全人類の肉と魚の消費量に匹敵する量かその倍の量の害虫等を捕食してくれているみたいです。蜘蛛がいないと、人類は、害虫とそれによって媒介される病原菌等によって滅ぼされる可能性もあるのではないでしょうか。軍曹がゴキブリを捕食するところを見たことがありますが、ある意味、感動させられてしまいます。スパイダーマンのように、蜘蛛自体が、実は人類にとってはヒーロー的存在だったというわけです。