肺がん(扁平上皮癌)は甘党だった!?糖質制限で癌進行を防げる?

新しい研究の中で、テキサス大学ダラス校の研究者達は、ある種のがんが、他の癌よりも甘いもの好きであることを見い出しています。”多くの癌細胞が、エネルギー供給源として、糖質に大きく頼っていることは疑われてはいましたが、1つの特定種、扁平上皮癌が、驚くべきほど糖質依存であることが判明しています。”と、生物化学助教授で、Nature Communicationsオンライン誌に掲載された本研究の上席著者Dr. Jung-whan “Jay” Kim博士は言いました。

扁平上皮癌と腺癌

Study sweetens connection between cancer and sugar

Kim and his collaborators initially set out to investigate differences in metabolism between two major subtypes of non-small cell lung cancer — adenocarcinoma (ADC) and squamous cell carcinoma (SqCC). About one quarter of all lung cancers are SqCC, which has been difficult to treat with targeted therapies, Kim said.

キム博士と彼の共働者達は、当初、非小細胞肺がんの2つの主要なサブタイプである、腺癌と扁平上皮癌の間の代謝の差異を調査しようとしていました。全肺がんの約4分の1は、標的療法を用いて治療することが困難であるSqCCです、とキム博士は言いました。

GLUT1(1型グルコース輸送体)

Based on that data, they found that a protein responsible for transporting glucose — a kind of sugar — into cells was present in significantly higher levels in lung SqCC than in lung ADC. The protein, called glucose transporter 1, or GLUT1, takes up glucose into cells, where the sugar provides a fundamental energy source and fuels cell metabolism. GLUT1 is also necessary for normal cell function, such as building cell membranes.

データに基づき、彼らは、糖の一種のグルコースを細胞内へ輸送する役割を負う蛋白質が、肺腺癌に比べ、肺扁平上皮癌に極度に高い値で存在していることを発見しています。ブドウ糖輸送担体1(グルコーストランスポーター1)、あるいは、GLUT1と呼ばれている蛋白質は、ブドウ糖を、糖質が必須エネルギー源になって細胞代謝を促進している細胞内へ送り込んでいます。GLUT1は、細胞膜構築等の正常な細胞機能のためにも必要不可欠になっています。

糖質制限が癌進行を遅らせる

“As a culture, we are very addicted to sugar,” Kim said. “Excessive sugar consumption is not only a problem that can lead to complications like diabetes, but also, based on our studies and others, the evidence is mounting that some cancers are also highly dependent on sugar. We’d like to know from a scientific standpoint whether we might be able to affect cancer progression with dietary changes.”

”文化として、我々は、重度の砂糖中毒になっています。”と、キム博士は言いました。”過剰な糖質摂取は、糖尿病のような合併症を引き起こす問題だけではなく、我々の今回の研究や他のいくつかの研究が裏付けているように、いくつかの癌が、糖質に極度に依存しているという論拠が積み重なってきています。我々は、食事を変えることで、癌の進行に影響を与えることができるかどうか、科学的な観点から知りたいのです。”

頭頸部、食道、子宮頸癌なんかも糖質への依存性が高いみたいなので、糖質制限が、こういった癌にも効果的である可能性があるようです。糖質制限は甘党には相当厳しいですね。