車のクラクションは何故あのような人の神経を逆撫でする音なのか?

音は人の生活の一部になっています。すなわち、人間は、生まれてから天に召されるまでの長い間(人による)、多種多様な音にさらされ続けているということで、人の聴覚系は、一説によると、推定40万種類もの莫大な量の音を聞き分けて分類できると言われています。特に人の注意を引くのが騒音で、たまにトラウマになるくらいの酷い騒音に遭遇したりもします。

スポンサーリンク

車のクラクションという雑音

The friendly honk

Consider the car horn. It is a widespread practical application of this noise-trauma-alert principle — and an increasing source of noise pollution worldwide as the global traffic population grows. It also is the subject of new noise pollution research to be presented during Acoustics ’17 Boston, the third joint meeting of the Acoustical Society of America and the European Acoustics Association being held June 25-29, in Boston, Massachusetts.

車のクラクションを考えてみましょう。車のホーンは、この騒音・トラウマ・警告原則の一般的な実際例になっていて、交通量が世界的で増え続ける中で、ますます、世界的な騒音公害源になっています。それは、6月25日~29日にボストンで開催される、米国音響学会とヨーロッパ音響学連合の合同会議、Acoustics ’17 Bostonの期間中にプレゼンされる予定である、新しい騒音公害研究のテーマにもなっています。

主観評価値/MOS

The study, led by Myungjin Bae of Soongsil University in Seoul, Korea, and presented at the meeting by SangHwi Jee, introduces a new pedestrian-friendly car-horn sound identified through the Mean Option Score (MOS). The MOS is a simple ranking method commonly used to evaluate machine speech, sounds and noise. Test listeners used MOS to evaluate candidate horn sounds based on five different perceptual qualities such as stress and loudness. It ranks sounds on a scale from bad (1) to excellent (5).

韓国ソウルにある崇実大学校のMyungjin Bae氏主導され、SangHwi Jee氏によって会合でプレゼンされた本研究が、Mean Option Score (主観評価値、MOS)を介して同定された、歩行者に優しい、新しい車のクラクション音を紹介しています。MOSは、機械によるテキストの読み上げ品質、音、ノイズを評価するのによく使われている、簡単なランキング方法です。リスナーたちが、クラクション音候補を評価するのにMOSを使ったテストは、ストレスや音の大きさなどの5種類の知覚品質に基いていて、音を、悪い(1)からエクセレント(5)の、5段階評価でランク付けしています。

クラクションの音量調節

“The sound of Klaxon heard outside the car of the driver is uncomfortable because it is too loud to the people around him,” Bae said. “In our study we used the existing historic Klaxon sound source, but made some modification concerning its volume and rhythm with duration time by adding a power controller. Our new Klaxon sound can immediately alert the pedestrians of the danger while also reducing the unpleasantness and stress of the sound,” Bae explained.

“運転手の車の外部に響き渡るクラクションの音は、運転手の周りにいる人々には、あまりにも音がでか過ぎるので、非常に不愉快です。我々の研究の中で、既存の昔から広く使われているクラクション音を使いましたが、音量とリズムに関しては、パワーコントローラーを付け足すことで、継続時間を指定する一部修正を加えています。我々の新しいクラクション音は、音の不愉快さとストレスを減らす一方で、歩行者に即座に危険を知らせることが可能です。”

The historic standard car horn sound is familiar: It’s the trademark-named Klaxon car horn developed in 1908 — the classic “ah-oo-gah” sounding horn.

その馴染み深い、歴史に残る、一般的なカーホーンサウンドは、1908年に開発された、商標名にもなっている、伝統的なah-oo-gah音を持つホーン、Klaxon car hornです。

彼等の新しい警笛の知覚効果を試験する目的で、研究者達は、歩行者に対してあまり耳障りにならない音を探し出すために、100人のボランティア達を、色々な音に暴露しました。

“ほぼ100年間、そのカークラクションサウンド(車の警笛音)は、ほとんど目につかず、そのデザインは単純で、低出力で大きな騒音を鳴らせるという長所を持っていました。しかし、音の大きさのレベルが、簡単には調節することができませんでした。本研究において、運転手がクラクションを鳴らしても、110dBかそれ以上の大音量は、直に歩行者には届きません。”

街を快適にするクラクション音

今回意図した結果は、運転手の焦点と理性的反応を増す、より静かで穏やかな環境です。選ばれた音は、全ての車に適用可能です。その音の利点は、歩行者やバイカーのみならず、運転手のストレスも減らしてくれるので、都市の音的環境の大いなる改善につながります。

全ての人々が、通りからの不快な騒音を全く聞くことなく、より快適に過ごせます。

車のホーンは確かに不快で、心臓にも悪いです。アメリカでは、road rage(ロードレージ)の原因にもなっています。日本でもクラクションを巡るイザコザが後を絶たず、悲劇的な結果をもたらすことさえあります。今の不快なクラクション音源だと、調子ぶっこいて相手を間違えて鳴らすと、命取りになることだけは確かです。誰に対しても優しい、快適なクラクション音を搭載することが、今後の車社会には求められていることだけは、疑う余地がありません。

スポンサーリンク

フォローする