制御性T細胞・エフェクターT細胞の相互変換で癌を治療する

過剰に活性化された細胞や、細胞機能を抑制された細胞のせいで、免疫機構がアンバランスになると、乾癬から癌に至るさまざまな病気を引き起こします。T細胞と呼ばれる、特定の免疫細胞の機能を操作することで、研究者達が、免疫系のバランスを回復する手助けをし、この種の疾患をターゲットにする、新しい治療法を作り出すことを可能にします。

T細胞の再プログラム法確立

Study reveals how to reprogram cells in our immune system

Scientists at the Gladstone Institutes revealed, for the first time, a method to reprogram specific T cells. More precisely, they discovered how to turn pro-inflammatory cells that boost the immune system into anti-inflammatory cells that suppress it, and vice versa.

グラッドストーン研究所の研究者達は、特定T細胞の再プログラム法を、今回初めて明らかにしています。もっと正確に言えば、彼等は、免疫系統を高める炎症促進性細胞を、それを抑制する抗炎症性細胞に変換し、その逆も可能にする方法を発見しています。

エフェクターT細胞と制御性T細胞

The researchers studied two types of cells called effector T cells, which activate the immune system to defend our body against different pathogens, and regulatory T cells, which help control the immune system and prevent it from attacking healthy parts of its environment.

研究者達は、さまざまな病原菌から我々の身体を保護するために、免疫機構を活性化しているエフェクターT細胞と、免疫系を制御する役目を果たし、それが周囲の正常組織を攻撃知ることを防いでいる制御性T細胞と呼ばれている、2種類の細胞を研究しました。

“Our findings could have a significant impact on the treatment of autoimmune diseases, as well as on stem cell and immuno-oncology therapies,” said Gladstone Senior Investigator Sheng Ding, PhD, who is also a professor of pharmaceutical chemistry at the University of California, San Francisco.

”私たちの発見は、自己免疫疾患の治療のみならず、幹細胞・免疫腫瘍治療にも大きな影響を与えます。”と、グラッドストン研究所の主任研究員で、カリフォルニア大学サンフランシスコ校薬化学教授でもある、シェン・ディン博士は言いました。

By drawing on their expertise in drug discovery, Ding’s team identified a small-molecule drug that can successfully reprogram effector T cells into regulatory T cells. Their study, published in the renowned journal Nature, describes in detail a metabolic mechanism that helps convert one cell type into another.

彼等の創薬の専門知識を利用する事で、ディン博士のチームは、エフェクターT細胞を、制御性T細胞にうまく再プログラム可能な小分子薬を同定しています。名高いNature誌に掲載された彼等の研究は、1つの細胞型を別の型に変える働きをする代謝機序を詳述しています。

癌に対しても効果的

Many cancers take control of regulatory T cells to suppress the immune system, creating an environment where tumors can grow without being detected. In such cases, the team’s findings could be used to transform regulatory T cells into effector T cells to strengthen the immune system so it can better recognize and destroy cancer cells.

多くのがんは、免疫機構を抑制するために制御性T細胞を乗っ取り、免疫機構に検知されることなしに、腫瘍が増殖できる環境を作り出しています。そういったケースで、今回のチームの新発見は、制御性T細胞をエフェクターT細胞細胞に変換して、免疫系が、うまく癌細胞を検出して破壊できるよう強化するのに利用できる可能性があります。